スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ナラタージュ』感想

自分用の記録として書いておきます。あ、辛口です。

原作を読んだかどうか判然としないまま映画を見始めました。もちろんタイトルも作者も知っていますし、島本理生は何作か読んでいるはずなのですけどね。流行りものは読んでいた時代もあるのですけどね…。結論から言うと、わたしはこの内容にまったく覚えがないので原作も読んでいないはず。よって原作と映画にどれほど親和性があるのかわからないのですが、もし原作においても塚原柚子ちゃんの扱いがあの程度なのだとしたら、それはあまりにもあまりだと思う。

タイトルのとおり、最初から最後まで泉の回想で話が進んでいきます。だからわからないことがたくさんありました。それはそれで構わないのだけれど、私が決定的に泉とすれ違ってしまったのは、柚子ちゃんの事件が泉にとっては葉山先生を手に入れるためのきっかけでしかないように描かれてしまった点です。泉は、気付いていたじゃないですか。柚子ちゃんが何かに悩んでいること。あの稽古シーンを見たじゃないか。もっとあの事件に心揺さぶられてもいいはずです。葉山先生だけでなく、柚子ちゃんのそばにいたいと思ってほしかった。それに、葉山先生も気付いていたんじゃないのか? しんどうくんと歩く柚子ちゃんを見て安心したような目をしたのはだからじゃないのか? それでも葉山先生は柚子ちゃんを救うことができずいたく傷ついたはずで、だからこそ泉は葉山先生を抱き締めることができたのではないのか。…うるさく書いてしまったが、私にはこの一連の柚子ちゃんエピソードがあまりにも薄かったように思えます。主軸のひとつになってもいい話だよ。柚子ちゃんのお母さん役が西牟田恵さんだったことも、もっと大事に描いてほしかった…と思う要因です。あんなに素敵な女優さんを使っておいてこれか。

葉山先生も泉も、信頼できる家族や友達がいないことが非常につらい点だったと思います。ふたりには、ふたりしかいなかったんだね。きっとふたりとも気付いていたと思いますが、葉山先生が泉に求めたのは自分が庇護すべき弱さと自分の何もかもを許してくれる母のような抱擁だったのだろうなぁ。まぁ私には恋愛感情はよくわからないのだけど。世の男女間の愛が親子愛とどう違うのかと言われたら説明できないのだけど。
あと、きっと泉はこのあと、時間を動かしてくれた瀬戸くんと安易に恋愛をするのだろうなぁと思ってしまい、ますます俯いてしまうのでした。

感情移入はできないけれど、なんとなくわかってしまうなぁと思ったのが小野くん。葉山先生を好きな泉をまるごと好きだと思っていたし、きっとまるごと愛せるはずだったのに、そうできない自分に気付いてしまった小野くん。もうけっこう前から気持ち悪かったんじゃないかなぁ。見返りを求めないことはひどく難しい。泉はああ言ったけれども、小野くんが泉に言ったことと泉が葉山先生に対して思っていたことには微妙にズレがあると思う。ある意味、泉はただただ葉山先生を好きだったんだろうな。自分を守りたかった小野くんのほうがなんとなく私は理解できてしまうよ。それもどうなんだ。

観ながらずっと考えていたのは、私はやはりあまり映画が得意ではないなということでした。舞台を観るようになってから特にそうなのですが、観劇で使う想像力をあまり使わずに観てしまうので、どう観たらいいのか実はよくわからない。映画には空白がたくさんあって、想像しなきゃいけないのだろうに上手にできずに消化不良!とキリキリするんですよ。しかし作中で、葉山先生はこの映画の静けさが好きだと言っていた、という泉の台詞がありまして。私はそれ聞いて非常に驚きました。映画の空白って静けさを楽しむものだったのか! その間考えなくていいの? えー! 目から鱗。うまく想像力を使えないなら使わなくていいのか。だが、使わずにいるのもできないのだった。あら…。まだまだ映画を観るには修行が足りません。

全体に、有村架純ちゃんのファンにはたまらん作品じゃろうなぁと思います。アイドル松本潤に憧れてやまない者から見ると、もう少し可愛い格好をさせてくれ!もう少し綺麗な顔を見せてくれ!と思ってしまう映像でした(笑) だから潤くんの葉山先生は成功しているし、目での芝居が本当に多かったけれど、しっかり表現されていたと思う。だが、私はもっとキラキラした潤くんを観たい。もっとこう…潤くんにこんな作品をありがとう!!と涙したくなるようなものに出会いたいものだ。偉そうにすみません。

と、いうわけで、なんだかんだしっかり観賞したのでした。これで心置きなく感想を漁れるな。ファンのみなさんがどう思ったか楽しみです。

明日ですね、ナラタージュ。

まだ原作も読んでいない…はやいな時の流れが。おかしいな。舞台挨拶には外れてしまい、なんかもう嵐運がなさすぎて悲しいです。コンサートも落とされました。しばらく泣いたよね…。2日間くらい嵐さんを見るのがつらくて、しかし見ないではいられず3日目から通常運転に戻しました。でもまだ曲を聴くのはきつくて通勤中はNEWSさんかJUMPくんだし、家で観るパフォーマンスは少クラのSixTONESです(笑) SODAの潤くんがあまりに美しくて本屋で泣きそうになったので、今日帰りに買って帰ろうと思います。あーあ。嵐さん、ほんとにチケット取れなすぎです。あんなに動員するのに取れないんだもん。SixTONESの湾岸ライブも落とされましたけど、あれはキャパが恐ろしく小さそうだからまだ仕方ない気もするのよね…。でも嵐さんは、ねぇ。なんのためのFCなのかしら…今年も会報誌に4000円。でもやめられない。悲しい。

もう一方の趣味は充実しており、素敵な観劇ライフを送れています。ここ三週間ほど観劇を入れすぎて電車賃におののいていますが、さすが芸術の秋!で随所で楽しませていただいております。達也さんご出演の『サブマリン』はとってもよくできていてすごく楽しかったし、『少年たち』は若者の煌めきに感激し、ともだちのおとうとでは久々に勝地くんを拝見し、なんといっても現在絶賛上演中のシゲの『グリーンマイル』がたいへんに上質な舞台で嬉しくて堪らなかった。これはあとでぜひ書きたい。できればもう一度観に行きたい。明日は『関数ドミノ』なので、きっと楽しめるだろうと期待しています。

さ、仕事か。
忙しいんだよなこの頃。

『少年たち -Born Tomorrow-』を観た。

9/19、観劇してきました。わたしはこれまでの『少年たち』を知りません。SixTONESに関しても語れるほどではありませんが、Snow Manの皆さんはお顔とお名前は存じ上げています程度の知識のなさです。一方、観劇は大切な趣味なのでわたしの好みはこういうもの、という一定の方向は持っています。ですから、頓珍漢なことやファンの皆さんに失礼なことを書いたらごめんなさい。でも書きたいので書きます。たたみます。

Continue Reading

嵐さんアルバムですね。

NEWアルバム『Untitled』が10/18に発売。閉店ギリギリに滑り込んで予約を済ませてきました。
FCメールを読んで、とてもぞくぞくしました。タイトルもリード曲名も、組曲を作るという点も、嵐さんはいったいどこまで行ってしまうのだろうと少し寂しい想いもありながら、まだ見ぬものにわくわくする心持ちでなぜだか誇らしい気分でした。わたしは音楽に疎いし嵐さんにはあまり音楽を語らないでほしいけれど、聞き慣れぬ取り組みに素直に感心しています。どんなアルバムになるのかしら。どんなコンサートにするのかしら。是非とも生で観せていただきたいものです。当選祈願。

ユニット曲も入るのですってね。ソロはなし? 嵐さんでは個人的にユニット曲初体験。ファンになったのが遅いので、アラフェス入れなかったから大宮SKすら観たことはないのです。伝説のシンメ曲ブギダンもよく知らないし。どんな組み合わせになっても面白そうで、とても興味があります。ユニット曲は若い子たちのものってイメージもあるし、どんなことをしてくるのか発売を楽しみにしたいと思います。

NEWSさんに始まり(そろそろ彼らにも新曲ください!)、ついにSixTONESにまで手を出していますが、やはりわたしにとって嵐さんは特別みたいです。先日ジャニショに行ったとき、応援を形にするには写真かと安易に考えてSixTONESの写真を買いましたが、嵐さんの、潤くんの写真は輝いて見えるし財布を開きがちでしたし手帳に挟んだのはもちろん潤くんの写真でした。きっとあの場にいる誰もにどこかしらがきらきらして見えるのだろうなぁ。アイドルってすごいな、と最近ほんとうによく思うことをまた思いました。
とかなんとかいいながら、今月は少年たちを楽しみに生きています(笑)

さ、仕事するか…。ここひと月くらい身体がどうにもダルいというか血行が悪い感じで普段に増して眠くて仕方ないのだが、仕事する時間はやってくるので仕方ない。

最近はもっぱらJUMPくんのベスト。

通勤時間に聴いております。いやー、面白いですね。さすがベストアルバムなだけあって聴き覚えのある曲が多いです。そもそもJUMPくんはけっこう好きだしスクール革命はずいぶん前から見ているもんな…。それでもしっかり聴くのはこれが初めてなので、へえぇと唸りながら日々聴いているところです。コンサートはどんな模様なのかしら。みなさん楽しんでおられるかしら。

まず初聴きの印象は、若い!!でした。声が若い! 嵐さんもNEWSさんも10周年前後あたりでハマっているわたしですが、JUMPくんは一段と若い。デビューした年齢が若いのでそりゃそうなのですけれども。曲も若いです。同じジャニーズで、それぞれみんなジャニーズらしいのに、嵐さんともNEWSさんとも全然曲の持つ雰囲気が違っていてすごく面白かった。
それから、スパデリの次がカモナだったことに大いに驚きました。けっこう間が空いているように思います。ここ最近はリリース数も多くて、あぁJUMPくんもがんばったんだなぁとしみじみしてしまいました。何も知らないけれど。何も知らないだけあって全然声の区別がつきません。たまに大ちゃんといのちゃんがわかるくらいっす。まぁわたし初めはテゴマスけいちゃんの区別もつかなかったくらいだから(笑) 喋っている声はけっこう覚えられるのですけれどね…舞台で、このひと前にも観たことあるな、と声で判別していたりします。

ちなみに好きな曲ベスト3はたぶん超ド定番だと思うのですが、『AinoArika』『ウィークエンダー』『明日へのYELL』です。
『AinoArika』はにのちゃんがラジオで歌ったと嵐ファンの間でも話題の曲ですし、サビは知っていましたが初めてきちんと聴いてイントロの壮大さに度肝を抜かれました。すげぇ。なにかが始まりそうな曲だ。この曲でコンサートが始まったら嬉しいな。真ん中のステージで、下からせりあがってきてほしい。赤い衣装で! 愛の在処を知っているから僕ら無敵なんですよ。たまらんね。
『ウィークエンダー』は言わずもがな金田一少年です。わたし山田くん好きなので。探偵学園Qで初めて認識したときからずっと綺麗なお顔だ。全部ではないけれどそこそこ作品を拝見していると思います。俳優山田をけっこう買っています。もっともっとうまくなると思う。最近よく雑誌でエド山田を見かけるのだけれど、あまりにも綺麗なので映画館に行くべきか悩んでいます。んでこの曲はダンスが好きなのです。JUMPくんの団体芸がスゴイということを認識した曲。この曲のパフォーマンスを見てからというもの、ちょっとコンサートに行きたい。歌詞もいいよね…好き。恋はキラリ ミステリー。天才。
『明日へのYELL』はドラマも好きだったがこの主題歌がたまらなく好きで。ぴったりでしたでしょ。眩しくてまぶしくて。この眩しい歌をJUMPくんみたいな子たちが歌うのがまたいいのだ。JUMPくんだから歌えるんだと思う曲。音階も好きで泣きそうになるけれど、歌詞も好き。たいへんに素直でまっすぐで。今回初めてフルで聴いて、青い春のなかまっすぐ駆け抜けた、というフレーズに大きく頷いてしまったわ。いい。すごく元気が出る。

そして今回、うわっこの曲すごいと再度見直しているのが『真夜中のシャドーボーイ』です。当時から、あやしい曲を若い子たちが歌っておるなと思っていましたが、これなんだかすごくないか。改めて聴き、どう聴いても複雑な肉体関係のある男性同士の愛のうたに聴こえる。うわぁぁと思って(主に年齢的な意味において)、歌詞を見てみたら違和感ある表記があり、調べてみたらどうやら映画からとっているようですね。その映画のことは知らないのですが、淫靡なにおいがするのはこのせいだったか…と納得のあらすじでした。ジャニーズってすごくないか。あのキラキラつるつるした若い男の子たちにこういう曲を与えるのだものな。しかもシングルカットで。ファンの子たちもきっと同様にお若いのだろうに。ジャニーズファン的にきっとこの「シャドー…」っていうウィスパーできゃーっと叫ぶのだろうな。…すごいな。なんだろう、なんだか背徳感がある。なんて面白いんだろう。きっといまのJUMPくんにシングルとして出される曲ではないのだろうと思う。あのときの年齢だったからこそのこの曲。これはちょっとパフォーマンスの見比べをしてみたい曲だが、演出上はどんな雰囲気に仕上げているのだろうな。どんな意識かわからないが、「シャドー…」は言い方を変えているのだな…、深読みが止まらない。しかも〆は、傷つけずに愛したい、だ。すごい。おそるべしJUMPくん。

こんな感じで大いに楽しんでいます。どこのグループにもメンバー紹介曲があるのだなぁと思ったり、龍太郎くんの名前が入っている曲があったり。ちょっと切ないね。でもそれも彼らの10年ですからね。
いずれコンサート映像に手を出すだろうと思いますが、しばらくはこれで楽しめそうです。本格的に堕ちないように気を付けねば…。嵐さん、NEWSさんはがっつり応援していて、まさかのSixTONESに手を出していて、相変わらず演劇も大好きで、これ以上増やしたらお金がもたなくなってしまう(笑) でもやはり、もっともっと大きくなってほしいと思っているし、土曜昼に引っ越しが決まったいたジャンはこれからも視聴する予定です。好きなんだよな、がんばれJUMPくん!
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
01 03
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。