アイドルであること。

『少年たち そして、それから…』ひと月にわたる公演が幕を下ろしました。演者さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さん、お疲れさまでした。私は昨年初めて少年たちを拝見しました。今年は昨年とベースは同じでしたが、岩崎くんやちびっこくんのシーンが入ることですこしエッセンスが加わり、流れは今年のほうが好みでした。
観る度にレベルを上げてくるSixTONESに観劇前からパンフレットを読んだだけで泣かされていたので実際に観たらどうなることやらと思っていましたが、予想以上に滂沱の涙でとっても疲れました。それと、今年はSnow Manの阿部くんも好きになってしまい観なきゃならんひとが増えていて非常に大変でした。全然目が定まらん! おかげでもはやわりと覚えていません。DVD化してくれ、頼む。

続き感想書きます。長くて重いです。

この芝居で最も大切なのは、彼らがショータイムでアイドルに戻る瞬間の美しさだと思っています。なんて綺麗なんだろうと一曲目の「NON STOP」はずーっと泣いてました。白スーツってのも拍車をかけるんですけどね…。エンドロールが終わって客席の後ろからSixTONESが入ってきたとき、あぁジェシーが生きてる…!とすごく安心しましたし、ステージに上がった彼らの顔がとてもキラキラしていて眩しいくらいでした。ちなみに、私の推しはふたりとも笑顔が輝かんばかりでかなり嬉しかったです。笑顔って遠くからでもよく見えるんだなぁと二階席のときはしみじみしました。優吾くん、本当に笑顔は遠くまで届くね。そのことにもちょっと感動してしまってまた泣く。泣きすぎてご一緒した方に呆れられました(笑)
昨年も思いましたが、ショータイムでアイドルに戻らなければこの芝居の言いたいことはこれっぽっちも伝わらないでしょうね。私たちの知っている彼らの普段の姿を最後に見せることで、彼らの煌めきを維持するには世界が平和であることが大事だと突き付けているようでした。去年も思ったけど(そればっかり)、たぶんいま徴兵が日本で起これば彼らのように健康で体力があり、うまく使えば世間的な影響力すら持つ若い男子は真っ先に連れていかれてしまいます。そんな立場にある彼らが戦争を知る時間を持つことは大切だと思います。
私は観劇オタクなのでどうしても設定に文句をつけたいところは数々あるのですけれど、ジャニーズ舞台にはジャニーズ舞台にしかできない魅せ方があるなぁと嘆息しました。ショータイムでこんなに泣かせてくる舞台なんてほかにありません。

さて、今回は(も?)各人の成長ぶりに目を瞠りっぱなしの2時間半でした。
まず、とにもかくにも大我の素敵っぷりに触れなければ。去年もうまかったのですけれど、立ち姿と喋り方が格段に素敵になっていました。大我にスポットライトが当たって喋り始めたとき、思わず息をのみ涙しそうになりました。素晴らしかった。私がチケットを取り損ねて観られなかった2本の舞台を経て、ずいぶん板の上での存在感が増しました。観ていないので想像でしかありませんが、BOSS CATがストレートだったからか佇まいがストレートっぽくなったのかもしれません。それがこの舞台に合っていたな。そして大我が外部のお仕事からこんな成長をSixTONESの現場に持ち帰ってくれたことがとても嬉しくて、まぁ以前からかなり好きだったのですけれどついに大我のステフォを第1弾も2弾も買ってしまったわ…。「…おもしろい?」「ねぇ、僕って面白いかな?!」の言い方、ジェシーの手紙を代読し始めるところ、最後岩本に託すところの仕草、ひとりだけ岩崎くんが見えている仕草、もうとても好きだった。
もうひとシーン大我の良さが詰まっていたのが青春アミーゴでした。ジェシーとひーくんと三人で踊る部分。青春アミーゴって男2人の物語じゃないですか。これにストーリーテラーとして仲介役として大我が真ん中に入って歌って踊ることで、痛々しさとすれ違いが浮き彫りになりこんな聴こえ方のする曲だとは知らなかった…と蒙を啓かれました。ダイナミックなふたりと踊るのが繊細さのある大我というのも良かったように思います。

今回も苦しい役を演じきったジェシー。一緒のシーンが多い大我にきっと引っ張られた部分もあると思いますが、ジェシーも喋り方が昨年よりも良かったです。もう少し間を取れたらもっと素敵になるし、マイクのいらないハコで芝居をする機会があるといいな。個人的には今回、施設に残す弟に会いに行き、また行かなきゃならないんだ…と寂しそうにするシーンが好きでした。弟と仲間たちが、「行ってらっしゃい、がんばってね!」と言うんですよ。悲しすぎる…。なにも知らないで送り出す彼ら。しかもジェシーの弟はきっとジェシーと同じ国籍のはずで、きっと遠くない未来ジェシーと同じように徴兵され、ジェシーと同じ絶望を見るのだろうと思うととても辛くて…。どうしてあの子たちがそんなことで苦しまねばならないんだろう。
苦しいシーンセレクトで申し訳ないのですが、ジェシーが迷彩服で歌うシーンが痛くて好きでした。後ろからどんどん迷彩服が出てくる演出も良かった。赤髪なのもよかった(そこ?)。このあたり一連を見ていると、一幕のお風呂シーンあたりではしゃいでいたジェシーを思い出して胸が苦しくなりました。あんなに元気だったのに、と。正気ではいられなくて引き金を引き続けるジェシー。最後、仲間にみとられ手紙を預けることができたのはせめてもの救いだっただろうか。
ショータイムで出てきたとき、ジェシーがいつもどおり大変にスターで私は嬉しかったです。このひとは本当によく目立つ。どこにいてもすぐわかる。あんなふうに笑っていてくれると尚更。彼の目の引き方はSixTONESの大きな武器です。

今回ありがたいことに複数回お邪魔したのですが、後半(26日)に拝見したとき期間中のレベルアップをすごく感じたのが北斗でした。なにが違ったのか説明できないのですが、セリフの届き方が26日に観たときのほうが直接迫ってくるようで好きでした。相変わらず動きが大きくて下半身がどっしりしていてそれでいて軽く飛び跳ねたりして好き。ステフォで一枚、すごく舞台っぽく躍動感に溢れたカットがありましたね。26日の日は、この星~のふっかとのコントがスク革の髙地くんの話題で面白かったです。一緒に出てくれたらとてもうれしいのにな。ふっかとふたりでの影絵パフォーマンスは北斗の画力の強さが際立っていて好きでした。あと北斗ってけっこう、ちゃんと止まれるひとだよな…。北斗のセリフのなかで、「ジェシーに会えるといいな…」というのがありましたが、あれはとても悲しかったです。会えないほうがいいような、でも会えたほうが少なくとも生きていることがわかっていいような。会ってしまったら最後であることも私は知っているからやっぱり会えないでいてほしいような。複雑…。
あ、ドラマ出演決定おめでとう!! すごく楽しみにしているよ。

最近、慎太郎のことを慎ちゃんと呼び始めている自分に気付いている(笑) すごく久しぶりにピーマンと食パンのくだりと、各自各々いや各自を聞いたとき存外に嬉しくなってしまいました。お風呂のシーンはまさかの仕切りだったけど、昨年もそうでしたっけ。とっても楽しそうに喋っていてファンからするとまさにほっこりタイムでした。
ちょっと痩せましたよね慎ちゃん。とてもかっこよくなってきたね。相変わらず舞台映えするお顔立ちと立ち方でほれぼれしました。舘様とふたりでのエアリアルパフォーマンス、慎ちゃんがボーカルを主に先導していてとても嬉しかったです。歌もうまいもんね~。慎ちゃんはアクロバットの見せ場もいくつかあって素敵でした…。
慎ちゃんもドラマ楽しみにしているよ。見る予定なかったけど慎ちゃんが出るなら見なければね。

少年たちが発表されたときから今年も秋のゆごじゅり祭り!と楽しみにしていたので、初日レポを見たときちょっぴりがっかり感を抱いてしまいましたが、今回のお顔の似ているふたりの組み合わせもとても良かったなぁと思います。なんだかかわいいふたりでしたよね。ピエロの衣装がよくお似合いで。
樹のセリフのなかで衝撃的だったのが、お風呂シーンで盛り上がった直後のストの新曲パフォーマンスに入るところでした。さっきまで楽しくしてたのに!?と非常に唐突な展開だったわけですが、直前のあの雰囲気を引きずらずに出てきており良かったです。あそこで樹が笑っていたら台無しだものね。それと昨年もそうだったのですが、ジェシーを想って歌うシーンの樹のお顔が本当に悲しそうで辛そうで心配になりました…。移入しちゃうタイプのように思える。
あ、あと、17日にお邪魔したときは若者が不在の日だったので樹がバスケの司会をしていたのですけれど、みんな生き生きしていて面白かったです。長年の呼吸があるのかしら。お天気お兄さんで噛んでたけど(笑)

そして優吾くん。本当に毎回、成長著しくて私の心臓を抉ってくる。もはや何度泣かされたかわかりません。この2カ月くらい、こんなに好きだったか?っていうくらい彼のことが好きです。セリフ回しもとてもよくなっているのですけれど、それ以前に、自信がついてきたのかなと思える振る舞いが増えていました。昨年はあまり気付かなかったのですがバク転も側転もするし。
まず、冒頭の乱闘シーンで翔太をボッコボコにする優吾…。ほんとにひどい。翔太ファンに恨まれそうだ。倒れている翔太を引き起こして殴るので、途中で何度も、死んじゃうからやめて!と言いそうになった。17日はバスケの紹介シーンで樹にハマの番長と言われていましたよ。ふふふ。
そして絶対に見逃してはならぬのがあべさくゆごのパフォーマンス。優吾くんがセンターで、ソロでの歌い出し。思わず息をのんだし自分でも引くくらい泣きました。衣装も超かわいい。センター…!!! 阿部くん、さっくん、本当にありがとう。自担の見せ場って本当に嬉しいんだな…。
ラストの歌唱シーンで、優吾くんだけがジェシーのいる空に向かって手を振り、悲しそうに指を閉じていくところが私は猛烈に好きでした。ハマの番長なのに、けっこう荒っぽいのに、素直で好きだ。
舞台、立てると思う。声はとても舞台向きだと私は思っているし、喋り方がとても素敵です。泣きそうに喋るところも乱暴なセリフもよく話せていると思います。語尾が下がっていくのが気になると昨年は思っていましたが、それはすっかりなくなっていました。素晴らしい。あとは立ち方だけ、もうすこしどっしり立てたらいいのになと思いました。器用なひとなので少しレクチャーを受ければすぐに吸収するでしょうから、ぜひ使ってほしい。G2さんいかがですか! いいひといます!

そこここに散りばめられた歌唱・ダンスシーンもそれぞれとても良かったですね。
私が泣いたのはBeautiful Lifeを歌うところ。大我の「じゃあ僕と一緒に歌おう」の言い方がそもそも素敵で涙しそうになっているところにこの曲のイントロがかかり、客席お立ち台にSixTONESが出てきたりして、もう感無量でした。わー…これはだめだ、好きだ…。きゅっと中央に寄り添うSixTONESがとても愛しい一曲でした。
Snow Manと立ち位置を入り乱れさせながらパフォーマンスする曲もいくつかありましたが、見ごたえがあって楽しかったです。闇を突き抜けて、どうして少クラでやらないのか! 俺たちは上等もかわいかったぞ。後ろでラインダンスしているSIxTONESがキュートでした。

SixTONESの新曲は劇中に1曲とショータイムで1曲。
劇中のほう(Night Trainかな?)は格子に見立てたゴムを使ってのパフォーマンス。首に絡まりやしないかと少々ハラハラしながら拝見しましたが、さすがSixTONESは画力が強くて見ていてとても面白かったです。縦並びになるところ綺麗だったな。一番後ろが北斗で、ちゃんと踏み台に乗っていました。ゴムを額渕みたいにして顔を出すのが面白かったなぁ。高さもどんどん変えて。
ショータイムで披露してくれた曲は、真っ黒なマントを着て始まり、顔だけが浮いているような不思議なスタートでした。曲に合わせて手だけ出したり足だけだしたり。メンバーカラーのギラギラした四肢とお顔だけというマジックみたいなパフォーマンスで、やはりよく見せ方を知っているなあと思わされました。大我の顔を樹と北斗が浮かせているような仕草があって面白かったです。マントを脱ぐと新しいお衣装で、全身メンバーカラーのギラギラ衣装。いいねぇ、これでレンジャーやろうよ! ちょっと宇宙モチーフなのかな?と思うようなエッセンスが入っていました。慎ちゃんの輪っかは着脱できるらしく、ショータイム後半でいろんなひとの手に渡っていた…。タット(このあいだのYouTubeで覚えた言葉)がメインで入ってくるので、がんばれ優吾くん!と応援しながら見る。余計なお世話です。ちなみにソロパートは「ふたりの部屋はまるでパラダイス」でした。うかつに恋しそうになる。少クラで観るの楽しみだな!

ショータイムは先述のとおり大泣きしていたのであまりよく憶えていないのですけれど、1階席に入れていただいたときは客席にきてくれるのが嬉しかったです。北斗が近くにきてくれて、GC席にひーくんがいて、ちょっと目をずらせば優吾くんがいて、どこ見たらいいやら。みんなで1列に並ぶのもかわいくてよかったですね。はけるとき、いつだったか忘れましたが優吾くんが阿部ちゃんのフードを引っ張って引き戻していたのがほほえましかったです。ジェシーと大我の二人の歌唱から黒スーツに着替えて大階段セットで全員が並ぶのがまたたまらなく圧巻でした。美しかったなぁ…。

私は彼らがアイドルだからジャニーズだから好き、というのが根底にあって、たぶんジャニーズでなくなったら急速に興味を失うと思います。俳優でも歌手でもなくアイドルというとても複雑できらびやかな人種に魅力を感じます。ジャニーズにしかできないパフォーマンスが確かに存在する。彼らの可能性の多様さにいつも感心するし、あれだけのひとびとに幸せを与えられる彼らを真剣に尊敬しています。
少年たち そして、それから。
彼らの未来が彼らにとって輝くものでありますように。願わくば、彼らがずっとアイドルでいてくれる世界でありますように。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
11  09  08  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる