『滝沢歌舞伎』 5/3 夜@新橋演舞場 その①

今年で13回目を迎えた滝沢歌舞伎。ジャニーズにはまってからというもの、ぜひ一度は観たいジャニーズ舞台だった滝沢歌舞伎。少年たち以来気にしているSnow Man、特に応援している阿部亮平くんを観たいっ!!と願っていた滝沢歌舞伎。髙地くん名義の私のジュニア情報局ではさらーっと外されチケットを探していましたら、ご親切にお声がけいただき、ついに観劇することができました。本当に本当にありがとうございます! もうなんか、ずっと感無量。舞台って、近いな…!(普段観劇が趣味のくせになんたる感想) お顔がしっかり拝見できました。

今年は健ちゃんが三年目の参加。さらに4年ぶりに長谷川純くんが出演しています。脇を固めるJr.は例年どおりのSnow Manと、林翔太くん、宇宙Sixの目黒蓮くん。そして無所属から8人。昨年NEVERLANDツアーについてくれていた子もちらほら。
演目は第二幕がだいぶショーアップされたようです。鼠小僧か義経のお芝居が例年行われていたようですが、今回はかなりの短縮版でクライマックスだけの上演だったのかな?
まずはパンフレットをゲット。ステフォの第三弾が出たばかりだったので開演前のグッズ売り場はすごいことになっていました。ずいぶんたくさん出るんですね、ステフォ。目移りしちゃいましたが、休憩時間に阿部ちゃんを厳選して課金しました(言い方)(いつか大人買いできるようになりたいよ)。
新橋演舞場は2月の有頂天一座以来です。客席内の提灯が滝沢歌舞伎に変わってる♥

続き、感想を書きます。基本的にずっと感動してますので重いですが、ご興味ある方はどうぞ。
実は、このあともう1公演入れていただく幸運に恵まれまして、5/6夜公演を観劇してきました。すごく記憶違いがたくさんありましたので修正しています。

【第一部】

01 オープニング
蛍光色な全身タイツのお姉さん(カメレオンみたいな衣装)のダンスから。ここで初めて、幕が新橋演舞場の緞帳でなかったことに気付く。あんなに始まる前きょろきょろしていたのに。蓄音機にばかり目を取られていたわ。オルゴールにのせてバレリーナのお姉さんがきれいに踊ってくれました。普段バレエは見ないのでとても新鮮。
タッキーが舞台の中央後方から登場。おおおおぉぉ、タッキーだ…!と驚きを隠せない私。銀のジャケットがあんなに似合うひといます? 一歩踏み出しただけで押し寄せてくる圧倒的イケメン感。思えばタッキーはカウントダウンコンサートで豆粒サイズで拝見したことしかありませんので、こんなにしっかりお顔を拝見できたのは初めてだったのです。え、知ってたけどめちゃくちゃきれい。
タッキーに見とれていたら後ろから風を切る人々が通路に現れてびっくりしました。Jr.が白スーツに身を包んで登場です。だれがどこを通ったかさっぱりですが、真ん中の列は渡辺翔太くんがいて、下手の列は先頭が阿部ちゃんでした。舞台に上がってずらーっと勢ぞろい(タッキー+Jr.)。いかん、白スーツだ。綺麗だ。春の踊りはー、よーいやっさー! まぶしい。泣きそうなのを我慢して阿部ちゃんを探す。すぐに見つかる。思っていたよりも大きい(全員に共通して感じたんだけどさこれは)。
一度幕がおり、再び上がると赤い衣装でおみこし担いでるみたいな(語彙力がない)。キラキラしていて眩しい。笑顔も眩しい。これが春の踊りですね。阿部ちゃんはおおむね下手側。
いにしえはお衣装が変わり、ユニットごとにカラーが異なるようでした。林くんと目黒くんが同じ色でね。ちょっと切なくなったりして。基本的にふたりずっとシンメ位置でしたし。舞台の盆がばんばん回るので面白かったです。Snow Manはなんだかみんなすっっっごく楽しそうでした。やはりさっくんの動きは目を引くわ。あと阿部ちゃん…スタイルいいし、笑顔満開だし、指先までぴんと伸びててきれいだし、だめだ好きになる…(ってこのあとずっと思っている)。んで、オレンジジャケットに衣装を変えたタッキーが飛ぶ。すげぇ。タッキーのフライングってカウコンの中継で、っていうのしか見たことなかったのでとても嬉しかった。キラキラした光が降ってくる。フライングからタッキーを迎える舘様の所作が素早くてきれいでした。花道でね。途中で長谷川くんが登場。長谷川くんは思っていたより小さかった。私のなかの彼のイメージ、岡倉だから。だから何ってわけでもないけど。

02 オープニング2
オープニング2ってなによと思っていたら健ちゃんのご登場でした。おぉぉぉ、健ちゃん! 青いキラキラした衣装に身を包んで。浮いてる。予習した2016DVDから察するにこれはMaybe。奇跡のおじさんは本当に奇跡のおじさんだった。さっきタッキーの美しさに息を呑んだばかりなのに、健ちゃんも綺麗ですこと。半端ない目の保養の予感。
次の曲が『SPARK』というらしいのだが、健ちゃんを囲んで、ひーくん舘様さっくん婿様(我が家での林くんの呼称)が上下白のゆるゆるしたお衣装を着てすさまじい勢いで踊っていました。さっくんの動きが本当にすごい。なんだろうな。とても独特。とても嬉しそうに踊っていて目が離せない。踊れて嬉しい!が迸っている。お、おそるべし。ハピアイでもJr.はみんなすごく踊っていたけれど、何かが全然違う。
健ちゃんの挨拶がありました。あんなに踊ったのにあまり息が乱れておらず不思議でした。

03 戦~IKUSA~
髑髏城~~~~~!!!と心のなかで叫んでしまう私はやはりそれなりに新感線のファンなのだろうな…(そして髑髏城はいのうえ歌舞伎だな、と余計なことを思う)。花道に長谷川くんが登場し、緑っぽい甲冑に身を包んで長いセリフ。舞台はスクリーンにおどろおどろしげな城の映像。いやいや髑髏城だろ。われら関東髑髏党とか我が名は第六天魔王とか言うだろ!?と思いながら聴いていたので実はあまりセリフを覚えていない。ごめん。
幕が上がってやはり緑の甲冑を着たJr.がずんずん行進してきて、そのあたり髑髏城だった。阿部ちゃんのステフォ買ったのはこのお衣装のです。かっこいいもん。最初はあべさくセンター。刀を振り上げての振り付けがあり、非常に迫力がありました。タッキーが赤い甲冑に身を包み客席のすごく前のほうから登場。タッキーvs長谷川緑軍かな? 全員?が入り乱れての殺陣。殺陣大好きなのでたいへん面白かったです。目が足りませんでした。左右だけでなく上下も使うので観るのがたいへん。林くんと目黒くんのふたりの殺陣もあったり、刀片手に側転するあべさくがいたり。二階席にスポットライトが当たっていると思ったら健ちゃんが立っておられ、銃を撃ちました。びっくりした。よくわからんが健ちゃんの登場により、タッキーvs健ちゃんvs長谷川緑軍という構図になったよう。健ちゃん、Jr.いっぱい斬ってましたから。特効もたくさん使い、Snow Manは台車(っていうかショッピングカート)に乗ったあべさくをほかのメンバーで引き回したりしておりました。ぐるぐる回るセットでばんばん斬られるJr.たち。渡辺翔太くんが斬られちゃうところ痛そうで…つい顔をしかめてしまう。殺陣を観るのはとても好きなのだが、痛みが伴うことも時々ありますね。
ラストは健ちゃんとタッキーの一騎討ちで、フライングでタッキーのいる上段に向かって飛び上がる健ちゃんと、奈落に向かって落ちていくタッキー。きれいでしたし、あの大人数の殺陣のなか素早く緩衝材をセットし直すスタッフと演者の連携が見事でした。

04 ピアノとチェロ
カメレオンのお姉さんのオルゴールを巻くような時計の針を戻すようなダンスから、一転。
さっきの戦なんだったんだろ?というくらい静かでノスタルジックな雰囲気。ピアノが回っておりました。チェロは窓からお姉さんが。長谷川くんのタップダンスと無所Jr.のパフォーマンス。これもとてもきれいだったなぁ。あと谷村くん大きかったなぁ。あとでお化粧タイムの林くんコーナーで、長谷川くんのダンスは12年振りだという話があったのですけれど、さすがジャニーズですよね。12年振りなのにタップやるんだよ! しかもけっこう長い曲で。お見事でした。

05 MASK
すごくかっこよかった…。健ちゃんがだらりと王様の椅子に座って登場。スクリーンの映像に合わせてダンス。禍々しいものがまとわりついているような、それらを操っているような。V6のコンサートは数年前に映像で観たきりなのでよく知らないのですが、健ちゃんやはりとても鋭く動きますね。さすが。
マスクをかぶったJr.が出てきてダンス。ちょっと待ってくれ、これはもしかして、だめなやつでは…。うっかりしていると狩られるぞ。なんだか少し怖い、気迫が伝わってくるステージでした。これはね、多ステして立ち位置覚えて観ると毎回たくさん発見があるのだろうなぁと思いました。そして阿部ちゃん…。阿部ちゃん、なんなの! 3月の終わりに合同横アリで拝見したときはそういう感じじゃなかったじゃん! なんでそんなに射るような目なの! …とまんまと堕ちる。ちなみに二回目の観劇では全然探せませんでした(笑) ビギナーズラックだったな。
マスクをかぶってぼろぼろの?衣装を来たそこそこ大人数のひとたちが王の座る場所に向けて手を伸ばす。玉座には翼が広がっている。林セレクションコーナーで、覇王感という言葉を使っていましたがまさにそのとおりでした。

06 変面
わぉ~~。これはあれだ、2016DVDで見てもさっぱり仕組みがわからなかったやつだ。オペラグラスで見てもわからなかった。これは智くんがJaponismでやったのとは違う芸なの? 同じなの? 鮮やかな顔に不気味さを覚えながら目を離せない。タッキーの大物マジシャン感も素敵で(紫の衣装も似合うんだね…)金田一少年の犯人になれそうだが、周りを固めるスノ4もとてもかっこいい。個人的には渡辺翔太くんが好みであった。
照明がストロボのようにちかちかするので気味悪さが増幅されてました。酔いますよね、あれ。

07 浮世艶姿桜
これがケンタッキーの一曲目なのね。なるほどなるほど。健ちゃんとタッキーがそれぞれ帽子に青と赤の羽をつけて登場し、ピーターパンのようでした。これは、セグウェイ?に乗ってのパフォーマンス。ずらっと横一列に並んだセグウェイが一斉に前に出てくるの、スター・ウォーズ感があって良かった。阿部ちゃんは健ちゃんのお隣。セグウェイに乗っているとは思えぬ難しそうな動線で次々に位置を変えていくみなさん。すごいなぁ。
間奏ではバレリーナさんたちの衣装もきらきら電飾になっていて美しくかわいらしかったですよ。いろいろなところがかわるがわる光るのでちかちかしながら楽しく拝見しました。動くと少し光が残像で残るのがきれいでした。勢いがあり少し切なさも感じるメロディに乗せて、くるくる動く。

08 滝沢一座
わー、お化粧タイムだ! これが滝沢歌舞伎名物の…。健ちゃんが来る前はどうしていたんですか? タッキーが真ん中でお化粧していたの?
婿様と谷村くんがピンクの羽織を着て出てきて滝沢歌舞伎の来し方を婿様監修の名場面集にて教えてくれました。小さい頃のSnow Manとか(さっくんだけぼやぼやしたのしか見つからなかったんだよね、というのが面白かった)、これまでに出演したデビュー組の映像が流れました。こうして見るとけっこういろんなひとが出ているんですね。先輩は健ちゃんだけなのかしら? 京様のような外部ゲストはいるにしても。この間有頂天一座を拝見したときから思っているのだが、婿様は風間くんとちょっと似ている。だからか、声も似ている。滝沢歌舞伎に出ていると婿様の喋り方はピカイチなので、今後お芝居を(もしかして舞台中心に)するなら風間くんを参考にするのも盗むものがあっていいのではと思いました(観劇オタクの感想。ちなみに私が最も小劇場に推すジャニーズは慶ちゃん)。日生劇場で打っていた時代があったことなど色々教えていただきました。
続いて、お二人がお化粧している間のスペースでJr.全員による新曲パフォーマンス。『Thousand Suns』だそうです。いやもう、これはとてもとても素敵だった。泣いた。ちょっとヒップホップ風な黒とスタッズのお衣装でがんがん踊るJr.。俺たちについて来いと何度も言われました。かっこいいなぁ。スポットライトを誇らしげに浴びているのがとてもよかったです。阿部ちゃんは派手なインナーをお召しで、冒頭からずっとなんだけれど優しげな阿部ちゃんでなく攻めの姿勢の阿部ちゃんでした。ひーくんのにこにこ顔もかわいいし…。メインボーカルは林くんとひーくんとふっか。このパフォーマンスを観ながら、婿様こんなに歌もダンスも素敵なのにどうして宇宙から抜けちゃったの、と勝手に悲しくなって泣きそうになりました。それにしても目が足りない。観たいひとがたくさんいるからJr.担って本当に目が足りない。阿部ちゃんを固定で観る目と、全体を引きで観る目も欲しい。みなさんどうしてるの?
で、お化粧。タッキーが話しかけるも、パフパフ(笑)が終わっていない健ちゃん。健ちゃんが自由に喋っておりました。これが毎日レポ流れている部分ね。このときは、あと何公演か数えたい派のタッキーと夜だから年齢層が高いというお話と(笑)、落下物に必死すぎる客席の話と、コンサートにおける客席あるあるの話。後ろの渡辺を見ていること気付かれていますよ! 剛健うちわの件面白かったな。ファンサで狙った相手でないひとが喜ぶと、君じゃない!と思うタッキー。ふふ。ファンは勘違いして満足な生き物なので大目に見てくれ。5/6は尖っている振りをしていた時代の話が出ましたよ。ところで口紅を塗るタッキーが超絶美人だったんだが、ここは夢の国か。

09 滝沢歌舞伎
Jr.4名の口上から。こういう目立つ役回りがあるといいですよね。今回は新作歌舞伎だそうで、テーマは生命と平和をつなぐ象徴としての虹。セリフや説明を省いて舞いだけで表現するとのこと。セットが美しかったです。藤の花かしらね。冒頭は鏡の前で中性的に踊る長谷川くん。女形のタッキーは藤の花が大きくあしらわれた赤いお着物で花道から登場。とても綺麗だった。綺麗な女のひとだった。2016DVDを見て、男のひとっぽさは残るなぁと思っていたが実際に拝見すると本当に綺麗な女性だった。驚きました。なんかもう、敗北感がすごい。きれいすぎやしないかね。後方からどーん!と現れる健ちゃんは黄色の着物で、ふたりが舞うところはなんだか不思議な幻想を見ているようでした。Jr.もそれぞれ色違いの衣装を着て、烏帽子をかぶって、電光パネルを持って演出。烏帽子がいちばん似合うのは誰だ選手権を執り行いたかったのですが、やはり目が足りず。候補はふっかくんかな。目黒くんに笛を吹いてもらいたかった。全員での舞のときの阿部くんは下手で、菩薩のように微笑んでおられました。婿様を先頭にスノと目黒くんが花道で踊る時間もありましたよ。ラストは全員で虹のかかる空を見上げてフィナーレ。蛍光色のひらひらした紙吹雪がとてもたくさん舞っていました。分量配分がおかしくてちょっと笑ってしまった。突然一か所にどさっと落ちてくるの。とても明るくて美しくて、実際には観たことがないが宝塚のようでした。タッキー…ほんとうに美人だな…。


これで第一部が終わり。30分の休憩へ。
怒涛の勢いでかっこいいものやきれいなものを観てすでに大興奮の私。にやにやが止まらないままロビーに出ました。

第二幕はまた、別記事で書きます。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
11  09  08  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる