『JAPONICA STYLE』が凄い。

先日少年倶楽部でようやく放送されスト担がこぞって歓喜しております新曲『JAPONICA STYLE』。日生劇場で観せていただいたときもこりゃすげーのきたぞと思いましたが、映像で検証できるって素晴らしいなと思わざるを得ないパフォーマンスで、もはや頭から離れません。嵐さんの新曲をまさかのそっちのけにして(まぁコンサート外れてるっていうのも大きな要因ですが)ひたすら『JAPONICA STYLE』のリピートをしております。すごいなー。なんだろうこの完成度。どうしてまだジャニーズJr.なのかしら。全然負けてないのにね! もうひとつの『Beautiful Life』の行方も気になるところですが、まずは『JAPONICA STYLE』について語りたい。

まずはお衣装。タイトルと扇子という情報から想像していた衣装とは傾向が違っていて初見はけっこう驚いたのを覚えています。こういう「×和」もあったか…と。映像で観てみたら、なんと凝ったお衣装か…!と更に驚くと同時に、こんなに手をかけてもらえているんだと嬉しく思いました。雑誌を読んでいると色々オーダーを出しているようなことが書いてあるので、それぞれが考えて形にしてもらっているんだなぁと感慨深い。ジャニーズのお下がり文化も大好きだし、いかにもJr.な衣装も、おいおいマジかよ?と目を疑う衣装にもいつも楽しませてもらいますが、こうやって自分のものを作ってもらうのって嬉しいだろうなぁとデビュー組のお衣装を見るのとはまた違った楽しみを味わっています。たくさん柄があって、全体にひらひらしていて素敵。私は慎太郎の羽織を特に気に入っています。裏地がすごく綺麗でしょ。慎太郎が舞う度に翻って青が見えるのが素敵よ。そういえば各グループに必ず長い丈担当者がいるように思いますが、SixTONESはみんな背が高いから全員で長い丈衣装の翻し振り付けも可能だし画になるでしょうね…!

そして、歌詞。たまらん。「綺麗に」と「空に誓い」が特に好き。綺麗という言葉はとても綺麗。綺麗であることは描写の仕方が幾通りもあるので意外に直接歌詞に綺麗と入れることは少ないのかも?と考えながら聴いています。綺麗。移り変わるよ綺麗に。うん、いい。好きだ。「空に誓い」は音の並びか「空に近い」と聞こえるところが好き。近いでも素敵だと思うところがまたいい。華麗に燃えてみせるんだものね。どんどん昇ろう。冬の晴れた日みたいな透き通った遠い青空を想いながら聴いてます。
ほかにも心惹かれるワードがいくつもあります。可憐に、とかも再発見ワードでした。ありがとうSixTONES…。実はジェシーの「愛が足りないのにそっと微笑んで」もすごく好きです、はい。
深読みすればするほどSixTONESの来し方と今抱く覚悟を示しているように思えて、大事に聴こう、とリピートボタンを押す度に思っています。感情移入半端ない。ここ一年のことしか知らないけどさ。それでも応援しているもの。

更に、声。いいところ出まくりですよね! 前々から京ジェは声が高いと思っていたのですが(だから是非NEWSの曲をすすめたい)、その高いキーを存分に生かした音の並び。「I never ever~」のところ、ふたりとも可愛いよ…。それと大我さんの「GO…」が好きすぎる。
北斗のパートのあとの「夢恋桜~」の声が好きだ!誰だ!と思っていたら高地くんで、やはりな…舞台向きの声だもんな…と自分の好みの一貫性に頷いたりしました。次の少クラではここアップにしてください! 慎太郎のパートもすごく好きです。あなたも舞台向きのいい声なのだよなぁ。遺憾なく発揮されている。すばらしい。

それからもちろん、パフォーマンス。毎回新曲の度に塗り替えてくる。胡座で歌い始めるのも君らくらいだけど、紙吹雪をセルフであんなにたくさん舞い上がらせるのも君らくらいだよ。舞台でも綺麗で目を奪われました。北斗がとっても上手に綺麗に上にあげるのよね。けっこう長いことひらひらするなかで歌えているので、なかなかに高さが出るのだろうなぁ。スタッフさん、ご協力ありがとうございます、本当に。Woh~で扇子をくるくるするのが好きなので、コンサートで観られるときがきたらペンラを回したいと思っています。
あと今回映像で見て、おおーと思ったのが樹の首筋。あの首筋に堕とされたひとが少なからずいるのではないかと思う。ジャポの樹の首筋出の新規です、的な。年齢のせいかSixTONESに対して、キャー!かっこいい!エロい!と感じることはあまりなくて可愛いなぁが先にたつのですが、あの首筋は非常に良かったなぁ。
セクシーといえばな北斗は、扇子を落として拾い際に口角を上げたり最後は肩出ししたり、もう最初から最後まで狩りにかかっていてさすが!です。
扇子の受け渡しも鮮やかにきまっていましたね。各扇子の行方をじっくり検証しましたが、難易度高そうなのが高地くんと慎太郎のやり取り。距離が長いし戻りを早くしないといけない。うーん、面白いなぁ。
「太陽に身を焦がし~」のところを次は引きで観たいです。ラストの大サビは舞台ではどーん!と布が降りてきて各人が布と戯れるという新パフォーマンスを見せてくれたわけですが、いつか布ありver.も映像になりますように。立ち位置が曲頭とだいたい逆になるのは舞台的な見えかたを考えてなのかな~とか、『グリーンマイル』を観たおかげでそんなことを考えます。
それといつも思うけれど、SixTONESはシメのポーズがうまい。シルエット得意ですね。今回も扇形が印象的で美しいと思います。

そんなこんなで、歌がうまく、自信満々な個人技にしっかりチームプレーも取り入れたパフォーマンスと、新しい隙間を突いたジャニーズ×和で、好きにならないわけがない『JAPONICA STYLE』。こういう曲をもらえたこと、強みを生かしたパフォーマンスができていること、照明さんや衣装さんなどたくさんのスタッフさんに力を貸してもらえていること、多方面に感謝しきりです。ありがとうございます。これからもSixTONESをよろしくお願いします。

さ、またリピートしよう。スト担楽しいです。デビューしようね。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
11  09  08  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる