キャラメルボックス『嵐になるまで待って』2016

本日9/24昼公演を観てまいりました。亀有は遠かった。それにしてもこの連日続く雨はどうにかならないのか?なんて、被害をこうむっている方もいらっしゃるからわたしなんかが言ってはいけないのだろうけれど、気が滅入ります。なんか最近なにもやる気がないですもん…どうにかしたい。

さて、この演目を観るのは初めてです。以前に達也さんが波多野をやっていたそうで、よくブログに二つ目の声ネタが出てくるのでタイトルだけは存じ上げておりましたがストーリーも知らず、今回五回目の再演とのことでチケットをひょいひょい取った次第です。キャラメルは安心してみていられる、と大方思っていて間違いないと思いますが、今回はそういうわけにもいきませんでした。見終わって私はとてもショックを受けています。すごくつらい。

以下、隠して感想を書きます。

私が悲しかったのは、波多野(鍜治本大樹さん)に救いがなかったからです。けっこうギリギリまで、私は彼が自分の能力に気づいていないか、気づいているがコントロールできていないのではと考えていました。波多野の善を信じていたので。なのに…。
いくら雪絵(岡内美喜子さん)を守るためだと言っても、人を死なせる必要があったのでしょうか。きっと一番発端の自宅の火事については、かっとなって殺してしまった…のは理解できなくもない。でもそれ以降はどうです。姉さんに二度と近づくなと言えばよかったのではないのか。ひとを操る能力はきっと、これまで生きてくることに利用していたのでしょう。こどもふたりで生きていくのは容易なことではないですし。…それくらいにとどめておいてほしかった。いくらお姉さんを守るためでもひとを死なせてはいけない。それになんだかささいなことで死なせているように見えました。もう歯止めがきかなくなっていたのだろうか。ひとの命まで左右できることに快感を覚えていたのだろうか。
しかし、雪絵に責められて彼は心底驚き悲しみ絶望していたように思います。ほんとうにただ単純に、雪絵の周りを清潔に保っておきたかっただけのように見えました。だったらなおさら、私はあの場面で彼を殺してほしくなかった。あんなふうに、あんなやりかたで。雪絵に彼を抱きしめてあげてほしかった…。

私は弟がいます。もうお互いたいがいいい大人ですし、子供のころほど仲良く接したりしませんが、いま尚かわいい弟です。きっとこの先もずっと大事で特別な存在です。と、姉の立場から見るとこのお話しの終わり方はひどく苦しい。

でもね、このクライマックスの場面、雪絵さんは手話で話しているのでなにを話しているのかはあとで広瀬先生(西川さん)が教えてくれるのですが、ほぼセリフがわかったのとそれがほぼ合っていました。さすが岡内さん…。もちろん観慣れた成井さんの言葉だからというのもあるでしょうけれど、やはり岡内さんの力によるところが大きいように思います。ほんとうにきれいな人です。

キャラメルボックスは俳優さんが本当に粒ぞろいで観ていていつも感心します。すごいよねぇ。わたし勝本を演じていた山崎さんを拝見するのはたぶん初めてで、新人さんかな?と思うのですが、彼も誰にも負けてなかったですもん。みんな強度が同じくらいで舞台に立っているからすごい。(ちなみに今日はずっと、悪い芝居の山崎さんが出ているはずなのに~と不思議に思っていた。次作と混同していた!)
あと、私はキャラメルの舞台セットや照明、成井さんの演出はけっこう好きです。

素敵だったのは劇中で手話を使うこと。手話でなくてもよいところにも手話が入っていてよかったと思う。手話できるのいいな…少しだけでも世界に触れることは大切だと思う。

それにしても、わたしはどうやら鍜治本くんが好きらしい。岡内さんはたぶん女優さんのなかで一番好きかもしれないくらい好きだから、好きなひとたちが姉弟を演じていてそちらに感情移入をたっぷりしてしまいました。鍜治本くん、いいよなぁ。白いジャケットが似合うところもいい。波多野の役は達也さんも演じていたようなのでそのバージョンも観てみたいですね。ロビーで販売していたのは2008年版だそうで、安理さんがユーリをやったそうです。波多野は誰だったんだろ。
今回のユーリは原田樹里ちゃん。同い年の女優さんです。いつも明るくてかわいいイメージがありますが、今回は苦しそうな場面も多く、もう少しかわいい樹里ちゃんも見たかったな、なんてね。

これから10箇所を回るそうです。私には悲しくつらい物語でしたが、長く愛されている作品ですのでいろいろなひとに何かを残すといいなと思います。けがなく最後まで。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
11  09  08  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる