NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO @東京ドーム 参加記録④

コンサートの余韻はもちろんあるのだれど、なんだかもの悲しい気分でもあるのはもしかしたら三日間で角田光代を三作も読んだせいかもしれぬ。そしてウォークマンはNEWSシャッフルから抜けられない。

最後。アンコール書きます。通して感じたことも書いておきます。

【アンコール】

32 ONE -for the win-
すごくパワフルなNEWSコールに応え、太鼓の達人的な映像がスクリーンに。みんなで真剣に見ながら手拍子。すげーてを叩かされたところで、英語でカウントダウンがあり、イントロが流れました。なるほどー、ONEか! NEWSさんはメインステージに登場。二日目はけいちゃん眼鏡でした(と書いた端から自信がない。うそかも。手越は眼鏡だったけど)。みんなグッズ着てます。Tシャツにパーカーを重ねて暑そう。けいちゃんはバンダナをカチューシャのようにしてました。かわいー。個人的には、Tシャツにきらきらジーンズの手越さんが男の子っぽくてキュンとしました。
二手に別れてムビステで外周。三塁側はテゴマスです。この曲の高音部分を歌う手越さんを見られてよかった。かっこいいなぁ。

33 さくらガール
この曲もイントロで沸きますね。まっすーは踊ってました。ふふ。嬉しそうでなによりです。アリーナのほうを向いていたのでこちらからは背中でしたが、手越さんのちょっと身をそらせて歌う姿が見られて嬉しかったです。テレビででかい口あけて笑ってるのも好きだけど、ライブで思いっきり歌ってるところが好きだよやっぱり。ジャニーズって面白いです。簡単に各人から挨拶がありました。ここだったかな?笑 まっすーが話終わった後手になにか書いていて、それに気を取られてほかのひとの挨拶を私あんまり聞いてませんでした。またドームに連れてきてねって書いてましたよ。
けいちゃんは、いやなこと忘れたかー?明日から頑張れるかー?と声かけしてくれていて、なんだかイェーイ!みたいな返事ができませんでした。じんわりきてしまって…涙をこらえながら頷くのが精いっぱいだよ。ありがとう。けいちゃん、その挨拶とってもいいと思う。

34 恋祭り
すちゃっとタオルをかまえる客席が面白かった。わたしは持ってないのでペンラで参加です。行くぞー!っつってNEWSさんたちも跳ね回ってます。ムビステを降りて花道へ。叫べるところ全力で叫び、NEWSさんに煽られながらぶんぶんタオルを振り回し、ライブっぽい光景でした。たのしいね。すっかり定番曲になりましたね。あの夏は夢の彼方、の上パートが聴けてとても満足です。

ついてくれていたJr.のみなさんの紹介もあったんだけれど、どこの曲だったか忘れてしまいました。16人だって言っていた気がします。ひとりずつ名前を呼んでひとりずつカメラアピールがあるの、いいですよね。最近はふたたびJr.黄金期と呼ばれているようで、さまざまにみなさん活躍されているようですもんね。Jr.も応援してね!とまっすーが言ってました。NEWSさんについてくれてありがとう。
メインステージに4人集まり、ありがとうをたくさん。最後に俺たちの名前はー?せーの、NEWSーー!!といういつものやりとりがあっておしまい。裏へ帰っていきました。一日目はこれでおしまいだったんですが、オーラスはここでまた間髪入れずにNEWSコール。アナウンスが流れても止まなかったため、困惑の表情でNEWSさんが出てきてくれました。

【ダブルアンコール】
会場は絶叫です。NEWSさんは、もう帰る準備してたよー、と言いながら登場。本当に想定していなかったようで(そうなんだっけ、NEWSのコンサートって。嵐だとダブルは通常営業…な気がするけど気のせい?)、なにをやるか円陣作って=私らに背を向けて真剣に打ち合わせをしていました。そしてひとりまたひとりとスタッフさんとの協議に裏に消えていくNEWS。笑いました。いやいやオーラスだよ! コールは起きちゃうよ!

35 Weeeek
それなりの時間をかけた打ち合わせの末彼らが歌ってくれたのはこの曲でした。そうね、明日から月曜日だから、また日常に戻ってがんばらなくちゃ。NEWSさんはもう自在に走り回ってました。まっすーはいち早くアリーナに下りちゃってましたね。ファンサービスしまくりです。雪野原に放たれた子犬みたいだよ。想定外だったのにおまけしてくれてありがとう。楽しかった。

めげずにもう一回コールが起きたりもしていたのですが、メンバーからちょっと挨拶があったりして収束しました。今回はやってないね、と言いながら、最後に生声でありがとうございましたー!!を言ってくれました。すごく響いていました。よく聴こえた。最後まで超笑顔で生き生きしていた彼らに大きな拍手を送り、ドーム全体に大きな満足感がたゆたっていました。


これでおしまいです。楽しかった。
今回でNEWSのコンサートに入るのは三度目だったのですが、昨年のWhiteに比べて大きく違っていたところがありました。ひとつは男性客の比率が大きく上昇していたこと。けっこうよく見受けられる連れてこられたふうの男性たちではなく、マジでファンだなこのひと!という男性が多い。Tシャツ当たり前、うちわも持ってます。ふつうに踊ってるし。男性の年齢層は20代~30代前半が多いように思いました。あぁすごいなぁNEWS、同性ファンを獲得したジャニーズは強いよなぁ。そしてふたつめは、全体的に客席の年齢層が大幅に広がったこと。私のイメージではNEWSファンは若い!自分より10コくらい下の世代の方が多いと思っていました。ところが今回、まったくそんなことない。わたし平均年齢くらいかも。親子とおぼしき組み合わせも多数でしたし(大人の親子も、ちびちゃん連れの親子も)、二日間とも自分の席周辺は自分より年上の方が多かったです。嵐みたいにおばあちゃんや子供は多くないけど、ずいぶん多くのひとに認知されたのだなぁと嬉しかったです。それと加えて、嵐ファンの台頭がすごい(笑) 嵐グッズをふつうに使っているひとの多いこと多いこと(笑) まぁいいけど…今回はシゲに浮気すんなよ!って言われました。ごめんシゲ。でもシゲも好きだよ。こうやってひとは事務所担になっていくのかなぁと思いながらみていました。

ようやくテレビでの露出が増えてきたと思っていたので、こんなに今回のコンサートで客席に変化が現れているとは驚きました。すごいね。けいちゃんが最後のあいさつで、どんなに遠くに行ってもNEWSはみんなの近くにいるよと言っていて、あぁたしかに、NEWSはもうすぐ遠くに行くのだろうなぁと思いました。嵐さんが遠くへ行ったように。コンサートが当たらなくなる日も近いだろうなぁ。コンサートの完成度もぐんと上がり、ずいぶん力をつけたなと超上から目線で申し訳ないけれど感じました。嵐さんは完成と進化、NEWSさんは成長と模索と思っていたけれど、もうこの言葉は合わないですね。
それがちょっと寂しくもあり、しかしとても誇らしくて嬉しい。わたしなんて4人になってからの彼らしか知らないからこんな偉そうなことを書けた立場でなないけれど、まだまだ遠くへ進んでいく彼らの姿を見守っていけたらいいなぁと思いました。余談ですが、一年前にはNEWSにはまだ結婚は早いと思っていたけれど、今回の公演を観て、もう誰か結婚しても大丈夫だな、と思いました。これは個人的にはけっこう大きな違いです。いいじゃんアイドルでも! いまごろNEWS RINGの手越さんのを読んで笑ってしまいました。いいんだよ手越、最後の恋なら。わたし応援するよ。

というわけで、とてもとても楽しい二日間でした。NEWSさんスタッフさん、私に素敵な時間をくれてありがとう。これからもよろしく。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
11  09  08  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる