ツアー発表がありましたね!

東京ドームは5daysですって。すご。
どこかで参加できますように…!!!!!
スポンサーサイト

まさか泣くとは@死神くん最終話

私は田中圭くんが好きなのです。彼が結婚してしまったとき、もうショックが大きくて大きくて一日中まったく使い物にならなかったくらい。あの優しげな雰囲気と押したらしっとり返ってきそうな透明度と、時々見える冷たい表情と、しゃべると案外明るいお調子者なところがね、いいんですよ。
智くんとの共演は三度目?でしょうか? 魔王と、もう誘拐なんてしない。前話のラストシーンでちらりと口元が映ったときから非常に楽しみにしておりました。

さて、そんな素敵な共演、思った以上にがっつりやりとりがあって私は嬉しい。
課長や次長があんなに若いひとに任される時点で不思議な会社だという気がしてしまったのですが、もっともっと練れば相棒で扱いそうな題材ですね。ちょっと前にはかなり食品偽装が問題になりましたし(なんとなくおさまっているようですが、氷山の一角でしょうね)、力を持つものに圧されることもずっと問題視されていますし、悪くない題材だったと思います。
もう、圭くんの目になにも映っていなくて会議のシーンから涙涙でした。あれでカットがかかったらにっこり笑ったりするのだろうか? 俳優さんって不思議です。死神はカメラに映るんだななんて妙なことを考えつつも、圭くんの目が悲しくてつらかったです。
お話としては、なんというか死神や天界に関する設定がザルなので、おいおいと突っ込みたくなるところ満載でした(笑) なぜいまさら担当替え!とか、死神ってなんなの結局!とか、運命を書き換えたのは圭くんだけなのにほかのひとは助かるのか…とかね。運命ってなんだ、なんて(笑)
圭くんがひとり死んでしまったシーンも私的には涙溢れる場面でした。ちょっとね、納得いかないなぁという思いもあり、智くんの純真さにうるりとしてしまった部分もあり。うーんでも、想定外の死を受け入れていく圭くんはさすがだった。

このドラマの菅田くん、私はけっこう好きでした。放っておけない感じ。これからもきっといろいろな役をやって、どんどんお芝居に幅を持たせてくるのだろうなぁ。いいなぁ若くて。

智くんの死神はコメディ要素もふんだんに見られ、そしてけっこう真面目に職務に取り組むイイヤツだったと思います。消滅したあと釣りをしているシーンは不要でしたが(釣りはバラエティで見せてください)、カス!とか役立たず!とか桐谷に言われるようなダメな社員じゃなかったよねぇ。智くん、お疲れさまでした。智くんのベタ声とコント的間合いに何度も笑わせてもらいました。ゆっくりする時間はあるのかな? 知念くんとごはんに行ってあげてね!

きたきた!

LOVEコンDVD、発売ですねー♪
アマゾンも予約始まりました。

楽しみ! よーし、今からお代をよけておきたいと思います。8月は野球とかお芝居とか、お金のかかる予定がいくつかあるのです。

一緒にFUNKY踊らなくっちゃ。

魅惑の31歳。

二宮さん、お誕生日おめでとうございます

31歳! なんということでしょう。にのちゃんが31歳だなんて。いったいどんな魔法が施されるとあんなに可愛い31歳男子になるのかしら。うらやましい。

にのちゃんは、ほんとうに可愛いですよね。ジャニウェブでご本人が呟いていらしたとおり、ユニフォーム姿の青志先生は若者たちに紛れてどこにいるのかわからないくらい溶け込んでいるわけですが、そんな姿かたちの可愛さもさることながら、メンバーに対しての接し方もやたら可愛い。
嵐さんはゲスト置いてけぼりで内輪で楽しんでいることがままありますが、にのちゃんはその筆頭をいくのではないかなぁと勝手に思っています。ついつい声を張っているにのちゃんを見るとなごみます。というわけで、私が勝手に考える嵐内コンビ的関係性。

【翔くんとにのちゃん】 主にバラエティーで回転軸を担うふたり。素知らぬ顔をしてありとあらゆるところを見ているにのちゃんと、中央に立って仕切ってくれる翔ちゃん。ふたりで的確に進めていくので、どちらかが楽しくなってきちゃって逸れ始めると真っ先にどちらかが止めに入る気がします。「二宮さんうるさい」なんて言えるのは翔くんだけな気がします。コンサートなんかだとふたりで一緒にふざけていたりする場面を目撃するので、たぶん楽屋でもそうなんだろうなー。そういうとき先にふざけるのは翔くんだと思う。にのはいちいち付き合ってくれそう。

【智くんとにのちゃん】 大宮、というやつですね。嵐さんを追いかけ始めたころ、あまりにもこのふたりがべったりでけっこうびっくりしたのを覚えています。とにかくいつも隣にいて、なぜだかいつも触っている。そういえば当初は声の区別もあまりつかなかったな。智くんのセンス溢れるつぶやきや行動を常に拾い、世の中に発信しているのがにのちゃん。智くんの面白さをいちばんよく知っているのではないかと勝手に思っています。

【潤くんとにのちゃん】 言わずと知れた末ズ。末っ子といえど、どこからどう見てももっともしっかりしているふたり。常に潤くんの良きパートナーだと思います。もう安心して見ていられるサポートっぷり。各所で天使な潤くんを支えまくり、なにかあれば真っ先に守りに飛び出し、コンサートやパフォーマンスで潤くんが柱になるときは潤くんの意図をくみ取りながらアイコンタクトで場を整えていく。うむ、さすがです。潤くんもすごくにのちゃんを頼りにしてますからね。さっとにのちゃんのことを見る仕草、よく見受けられますもの。その細やかなサポート力、非常に羨ましい。

【相葉さんとにのちゃん】 見ていてたまらなく楽しいにのあい。このふたりの魅力はにのちゃんの絶大な愛情と、ほかのひとには見せない相葉さんの様々な表情ですよね。いつも太陽みたいな相葉さんがさらーっとにのちゃんをスルーしたりすると、その気のおけない間柄がたまらない気持ちにさせるのです。メンバーにさえ気をつかう、と二宮さんが称する相葉さんが、あのつれなさっぷり。いつ何時でもにのちゃんの相葉さんへの愛情が半端なく大きくて、何も知らない人が見れば仲が悪そうにすら見える言動も、相葉さんと同じように「可愛いなコイツ」という気持ちで見守ってしまいます。相葉くんもその愛情を知っているものだから、にのちゃんへの信頼感がどっしりありますよね。ちょっと検索するとにのあい語録ってたくさんひっかかってきますよね。私は定期的に読み漁ってます。だってなんか、癒されるんだもの。

にのちゃんってお喋りだし持論がいろいろひねくれた持論であることが多いので、うちの男性陣なぞは生意気だと時々ぶーぶー言っているのですが、それもまたにのちゃんの不思議な魅力のひとつだと私は思います。私もけっこう、そんなこと言っちゃっていいの!?とドキドキしたり、なに言ってるんだこのひとはと驚いたりすることがあります。でもそれも面白いんだよなぁ。
あと、にのちゃんの色気の操り方、毎度毎度まんまとクラクラさせられています。あの小さな身体で、どうしてあんなに自在に色気が出せるのだろう。パフォーマンスしているときの二宮さんの窒息しそうな色っぽさ、ギャップが激しくてすごくドキドキします。ほんとうにご自分の舞台上での見え方をよく知っている…と思う。
かと思えば作詞するととてつもなく素直な言葉を連ねてきたり、うーん、面白いな。
それから二宮さんは、アイドル中のアイドル。昨年の日テレの音楽番組でジャニーズメドレーをやったとき、センターに立った二宮さんのアイドルっぷりに度肝を抜かれました。うまく言えないのですが、そりゃもうアイドルだった。そうだアイドルってこういうひとのことを言うんだ!と改めて突きつけられました。

なんだか思ったよりたくさん書いてしまった。これからも全力で応援したい。そして、これからも嵐さんをよろしくお願いします。素敵な一年になるようお祈りしています。わくわく東京でお祝いがあるのかしら? おめでとう、にのちゃん。

野球、好きだな。@よわかて第10話

なにその雑な雨は!と爆笑したり、球見ろ球ーーっ!と画面に向かって叫んだり、脇しめろー!と指導者気取りになってみたり、腕振れ走れーー!!なんて騒いだり、英会話戦法に度肝を抜かれたり、そりゃもう忙しいのなんのって。面白かったぁ。福士くんのスイングが良くなっていてびっくり。
前話の武宮戦は、武宮ってそういう設定の学校だったっけ?と目が点になるくらい打たれていてちょっと呆れ気味だったのですが、まぁそれでも勝ったときには相当嬉しかったです。泣きそうだった(笑)

しかし今回のほうがより野球らしかったですね。優勝候補の学校が初戦からフルでエースを使ってくるかどうかはちょっと微妙なところだと思いますけれど、雨以外は非常に良かったです。回が変わるごとに、アウトみっつ取れるようになったんだなぁなんて感心したりして、見守ってきた気分で感慨深いのです。

それにしても、にのちゃんが泣いていると一緒になってすごく切ない気持ちになります。そばに行って、ゆるく腕の中に閉じ込めたくなりますね。先週の官兵衛での光のように。官兵衛と光はかなり理想の夫婦です。官兵衛はたまらなくいい男だし、光がもう可愛くて強くて美しくて優しくて。官兵衛も毎週本気で鑑賞しています。
それてしまいましたが、泣かないでにの…と泣いたりしつつ、一時間のドラマをみっちり満喫いたしました。

光安くんがいつかこう…花開くといいなと思いながら見ています。お兄ちゃんに刺されてしまったものね。しかもそれが最後のアウトだなんて、彼はいますごく自分を責めていると思うのです。白尾くんしか見ていないと高をくくっていなければ、自分がもっと投手を見ていれば。満塁だからと慢心していたのではないか? 気の弱そうな彼が野球をあきらめてしまったりすることのないよう、お兄ちゃんに引け目を感じたりしないよう、応援したい。光安くんへのスポットの当たり方は非常に中途半端なので、最終回で何かしらの着地を見せてもらいたいものです。

それから、役者さんとしてやっぱり気になるのが岡留くん。彼いいわー。D-BOYSとかスタジオライフとかに在籍していても私は驚かないが、どんなところでやっていらっしゃる方なのかしら。ホームスチールは賭けだけど、かっこよかったよ! 最後の部室のシーンもなりふり構わぬ泣き方で、このひと野球が楽しいんだろうなとじんわりしました。

あと、これまででいちばん好きかもと思っているのが亀沢くんを演じている本郷奏多くん。楽しそうだもの。まだ若いんだよね、彼も。観にきてもらいたかったなぁ。

関係ありませんが、サッカーWカップが始まりましたね。初戦は一応テレビをつけていたのですが負けてしまって残念です。次もがんばって。サッカーはさっぱりわからないし、実は真剣に最後まで観られないスポーツのひとつなのですが(野球は最後まで観られるのになぁ)、私が可愛がっている手越さんが青いスーツを着て一生懸命いろんな番組に出ていらっしゃるので、勝ってくれると嬉しいなと思っています。

そろそろドラマも最終回を続々と迎えますね。青志先生の最終回は野球しないのかなぁ。してほしいなぁ。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
05 07
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる