青いポリタンクかぁ@相葉マナブ

やることなすこと相葉くんと一緒で笑えました。なるほど私も東育ちなのだなぁ。でも私、祖父母は京都におりますのでそれなりにあちらにも行くのですが、相葉マナブで見た西事実はあんまり京都にあてはまらないような気がします。ま、住んでいるわけではありませんからなんとも言えませんが。ポリタンクは赤だった気がするんだけど(笑) いろいろ違いがあるのだなぁ。面白いなぁ。

みんな違ってみんないい。
きつねうどんが食べたくなりました。
スポンサーサイト

翔くんのお誕生日~

櫻井翔くん、お誕生日おめでとうございます

つ、月日の速さたるや…! 翔くんが32歳だなんて。おおぅ。嵐さんを好きになったとき、確かまだ20代でしたもの。あれからずっとずっとたくさんのものをもらっています。これからもよろしくお願いしますっ。
翔くんはこれからソチへご出立されるのですよね? きっとあっちは寒いよねぇ。情勢も…私は詳しくわかりませんが、無事にオリンピックが開かれることを祈ります。キャスターがんばってね♥ 応援しています。

いつもしっかり嵐さんを回してくれる翔くん、ファンとして感謝しております。翔ちゃんにとって素敵な一年になりますように! あと、多部ちゃんもおめでとうです^^

なにから書けばいいんだ笑@失恋ショコラティエ第2話

実は、まだ先週の第一話を見ていないのに第二話を見ることになってしまいました。だから初めてソウタやってる潤くんを見ているんですけどねー…。
ははは。どんなふうに書けばいいんでしょうか私は。えーとね、まず、私は潤くんが好きです。潤くんへの愛情は変わりありません。ので、辛口失礼!(結局書くんだ) でも畳む!

Continue Reading

ある意味、最大級の衝撃

四半世紀生きてきて、自分が倒れるという事象には遭遇したことがありませんでした。せいぜい、疲れているのにお酒を飲んで立ちあがれないとか目が回るとか、そんな程度です。貧血も持っていませんし。
それなのにねぇ。

一昨日、演劇集団キャラメルボックスの多田直人さんの独り芝居『審判』を観に行きました。内容はちょっとばかり調べて知っていました。読んだことはないのですけれど。独り芝居は初めて拝見しますし、多田さんですし、『審判』に挑む役者さんの気持ちに少しでも触れてみたかったですし、なにより私自身がこのお芝居を見てどんなことを思うのか、怖いけれど良い機会かと思って行くことにしました。
吉祥寺シアターは初めてでしたが、こじんまりとした綺麗な劇場でした。舞台広いですね。私は通路側、後ろのほうの席でした。とっても良く見えます。

『審判』は戦争中に捕虜となり石牢に閉じ込められた兵士たちが、生き延びるために仲間の肉で命をつなぎ、最終的に助け出された男(ヴァホフ)が裁判で弁明するお話です。ヴァホフを演じる役者さんに、観客は相対する形となり、あたかも裁判員のような立ち位置です。

初めは、回りくどい言葉での説明が多く、おぉロシアっぽいなと思いながら見ていました(それのどこがロシアっぽいのかは聞かないでくださいませ)。これから2時間15分、喋り続けるなんて! とてつもないものが目の前で繰り広げられていく感覚にドキドキしていました。
話はゆっくりとしかし確実に進み、主人公たちがどのようにして生きてきたか、仲間たちはどのようにして死んでいったかが克明に語られていきます。ルービン少尉はすべての責任を負ったのだ、というあたりから私はもう、怖くて多田さんのお顔を見られませんでした。多田さんってこんな表情をするひとだったか? 語られる言葉が着実に私の頭の中で映像に変換される怖さと、ヴァホフが裁判員であり中立の立場で話を聞かねばならないはずの私を見ている恐怖で、目をそらしてしまいました。その直後、息ができなくなって音が遠くなって…あ、まずいと思っている間に倒れていたようです。気付いたときにはいろんなひとに助けられていて、大丈夫ですか外に行きましょうと声をかけられていました。

いやもう、本当に驚きました。まさか倒れるなんて。近くに座っていた年若い方々や、係のお兄さんお姉さんや、やはりもう無理と言って出てきたお客さんにたくさん心配とご迷惑をおかけしました。しばらく身体じゅうのしびれが治らなくて…。結局落ち着きを取り戻してから最後まで、ロビーでモニターを見ていました。こんな凄いお芝居をきちんと観られないなんて。切なくて仕方ありません。でもふらふらしているので、中に戻る勇気はなくて…。

きちんと受け止めたかったなぁと悔まれてなりません。多田さんやお客さんの邪魔をしてしまったのもとてもとても心苦しくて、反省しきりです。
一応最後のほうは聞いていたのですが、結局自分がどんな審判を下すか、わかりませんでした。私にとっては心残りのあるお芝居になりましたので、きっと本を読もうと思っています。
私は多田さんのヴァホフがちょっと怖かったのですが、ほかのひとがやったら、もしくは多田さんが再演したら、きっと違うヴァホフがそこに現れるのでしょう。いつかまた観てみたい。

特に疲れているつもりはありませんでしたし、聴きたいと意志を持って出かけたのに驚きました。それだけ多田さんは凄まじくて私は気を失うほど引き込まれたのだろうと、そんなふうに思います。
終演後にロビーでお見かけした多田さんはいつもの多田さんで、不思議でした。役者さんてほんとうに…。

"LOVE" 12/22@福岡 参加記録その4

昨日、職場で健康診断を受けてきました。初めて骨密度や肺機能チェックや血糖値測定をやってもらい、色々自分に関する数値を取ってきました。数値見るのは大好きです。楽しくてたまらん。複数回ある採血ではぜーんぜん血管の元気がなく、係の方を散々悩ませた挙句何度も針を刺されてしまい、いまもけっこう痛くて残念ですが、たまには悪くないですね。骨密度はえらく褒められました。あとは普通…でもちょっとコレステロールの溜まりやすい身体かもしれないぞ。まだ若者に入るとおもうんだけど(笑)

さて、今更感しかありませんが、書き始めてしまったので最後まで書こうと思います。もはや遠い昔の記憶となりつつある福岡遠征の記録です。たしか、パラドックスまで書いた。続き行きまーす。

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12 02
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる