何度目だ容疑者X

通算何度観たかわからないキャラメルボックス『容疑者Xの献身』2012ver.です。…だめだな! 何度観ても悲しいな。今日はご飯を作りながら耳だけ傾けており(キッチンからテレビが見えないので)、ラストのほうだけ観たのですが、我慢ならぬ。
今日はなんだか、このあと彼らはどうしたんだろうということと、泰子の心情について考えました。彼女は湯川先生から推論を聞いたときいったいどこまで考えることができたのだろう。自分と美里をかばうために石神が別の殺人を犯したショックは、「自分のために石神に犯罪を犯させてしまった」点で止まっているのではないかと思いながら見ていました。だって私がそうだもの。何度も何度も観ていたってそこまでしか考えが及ばないのだもの。「自分の罪を隠すためになんの関係もない名も顔もなきひとが殺された」点にたどり着くまでどれくらいかかるだろう。そんなダブルショックが彼女をこれから襲うのだと思うと、咄嗟のこととはいえ罪を犯し、嘘を重ねていくことがいかに罪深いかと考えずにはいられませんでした。
あぁ…寒くなってくるとこの作品のきつさが身に染みるわ。今日みたいに重い色の日は特にね。達也さんの冒頭の語りからつらいものね。

この舞台、キャラメルボックス史上なかった悲劇のような謳い文句で書かれることが多いのですが、案外キャラメルって悲劇が多いような気がする今日この頃です。わりといつも安心してみていられる…という当初の私の感覚をよそに、作品を観るにつけそうでもないかも?と。だってほら、TRUTHは悲劇中の悲劇だし、嵐になるまで待っても私から見れば悲劇、無伴奏ソナタも少しひねった見方をすると悲劇。…うーん、ちょっと違うか? あぁそうか、キャラメルって、ただ楽しいだけの舞台があまりないのかもしれません。うーん。

そういえば全然関係ありませんが、なにかの記事でイルミネーションを一緒にみたい芸能人ランキングを見ました。一位は翔くんで七位に相葉さんが入っていたのですが(その間はさっぱり覚えていないので嵐さんやNEWSさんや好きな俳優さんではなかったのだろう)、わたしだったら誰かな~~と幸せな妄想をし、考えた結果成宮くんを導き出しました。もちろん潤くんやけいちゃんや田中圭くんや小出恵介くんや達也さんも考えたのですが、ここは成宮くんだな! なぜと言われると難しいが、ちょっと面倒くさそうにしかしけっこう素直に感動し、でもさみーーとか言ってわりとすぐ退散しようとするんじゃないかと思われ、それがなんだかいいな。横顔を見たいわ。紺のダブルボタンのコートがいいわ。
…そんなこんなで今日も平和です。博多駅前の陥没に驚いています。
スポンサーサイト

有村架純ちゃんと誕生日が一緒なのか~。

岡田達也さん、お誕生日おめでとうございます

私はこの間、ムロツヨシさんと誕生日が同じだと知って喜びました。ムロさんもいつか舞台で拝見したいな~。
さて、岡達さんが誕生日を迎え、きっと今日はキャラメルの稽古でお祝いがあると思います。また年の差開いちゃったー。今年もすでに二本の出演情報があります。今年もたくさん舞台上でヘラヘラしたりずばっと殺陣を舞ったり苦しそうに思い悩んだりする達也さんを拝見できることを楽しみにしています。

あっ、宣伝でテレビにご出演なんだ。録画しなくっちゃ! テレビに出てくださると録画できるので、とっても貴重な機会です。わーい。いつでも私の好きなひとたちとの共演お待ちしています。

素敵な一年になりますように。

パスファインダー、何回行けるかな。

岡田達也さんが座長ってことで、汗だくのへろへろになってお稽古されているらしいキャラメルの新作『パスファインダー』。チケットは一枚だけ取ってあるのですが、出ずっぱりで台詞が多くて飲んだくれの役なんて聞いたらこりゃ一度じゃだめだ。よほど気の合わないお話でない限りは複数回観劇になりそうです。3月か…休めるのかな…。クロノスも観たいし…うむ。

そういえば鍵泥棒のDVDが出ているのですが、困ったことに白黒それぞれで販売しているのです。うそー。それぞれ6000円オーバーとなるとちょっと手が出ません。白は二回見ましたが黒は観てないから観たいのに。キャラメル…なかなかあざとい売り方するなぁ。でも副音声付きなのでぜひ欲しいところではあります。困ったもの。

そろそろ嵐さんのシングルにNEWSさんのアルバムですからねぇ、お金のやりくりがたいへんです!

初D-ステ。駆け抜ける若者を見守ってきた。

二週連続の台風上陸でしたね。みなさま大丈夫でしたでしょうか。自然災害がほんとうに多いので、いろいろな場所が心配です。

さて、一昨日はD-ステの『駆け抜ける風のように』を観て参りました。だって達也さんがご出演なのですもの。D-ステを観るのは初めてなのですが、10周年だそうです。今回はキャラメルボックスの成井さんが立川迅助シリーズの新作として『駆け抜ける風のように』を書下ろし(たぶん)。私は見たことがありませんが、『風を継ぐもの』『裏切りご免』『降りそそぐ百万粒の雨さえも』が新撰組の立川迅助を主役にしたキャラメルの代表作なのです。で、今回はD-ステに成井さんが脚本・演出で参加し、そこにキャラメルから俳優さんが4名ご出演です。D-BOYSの俳優さんは舞台やテレビで拝見していますが、今回はみなさん生で拝見するのは初めてでした。テレビでは、和田くんと、遠藤くんをよくお見かけします。

今回はワタナベエンターテイメント主催なので、サンシャインといえどもキャラメル勢はゲスト。グッズ販売の仕方も違うし、なにより客層がぜんぜん違うので面白かったです。若い女の子が多い。うむ。あ、客席で石ちゃんをお見かけしました。事務所一緒なんですね。

まだ公演が続きますので、畳みます。

Continue Reading

池袋で笑ってこよう。

5月18日、日曜日のお昼の公演を見て参りました。通いなれつつある(笑)池袋サンシャイン劇場でキャラメルボックスの『鍵泥棒のメソッド』ホワイトチームの公演でした。ま、もちろん岡田達也さんがいらっしゃるのでホワイトを観に行ったわけですが、結論から言うと、ブラックも観たい! そしてもう一度ホワイトも観たい!

『鍵泥棒のメソッド』の原作は映画。堺雅人、香川照之、ヒロスエがメインキャストでしたね。今回の舞台は主役の三名をダブルキャストにしていて、2チームでの上演です。主演の三人は別チームのときにはちょこっと役でご出演です。
ブラックチームは畑中さん・阿部さん・安理さん、ホワイトチームは多田さん・岡田さん・岡内さん。面白いですよね。なんとなく、タイプの似た三人が同じチームにいらっしゃるように思います。きっと見比べたらいろいろと違いが見つかって楽しいのではないでしょうか。

続き、感想書きます。たたみますね。

Continue Reading

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる