『ナラタージュ』感想

自分用の記録として書いておきます。あ、辛口です。

原作を読んだかどうか判然としないまま映画を見始めました。もちろんタイトルも作者も知っていますし、島本理生は何作か読んでいるはずなのですけどね。流行りものは読んでいた時代もあるのですけどね…。結論から言うと、わたしはこの内容にまったく覚えがないので原作も読んでいないはず。よって原作と映画にどれほど親和性があるのかわからないのですが、もし原作においても塚原柚子ちゃんの扱いがあの程度なのだとしたら、それはあまりにもあまりだと思う。

タイトルのとおり、最初から最後まで泉の回想で話が進んでいきます。だからわからないことがたくさんありました。それはそれで構わないのだけれど、私が決定的に泉とすれ違ってしまったのは、柚子ちゃんの事件が泉にとっては葉山先生を手に入れるためのきっかけでしかないように描かれてしまった点です。泉は、気付いていたじゃないですか。柚子ちゃんが何かに悩んでいること。あの稽古シーンを見たじゃないか。もっとあの事件に心揺さぶられてもいいはずです。葉山先生だけでなく、柚子ちゃんのそばにいたいと思ってほしかった。それに、葉山先生も気付いていたんじゃないのか? しんどうくんと歩く柚子ちゃんを見て安心したような目をしたのはだからじゃないのか? それでも葉山先生は柚子ちゃんを救うことができずいたく傷ついたはずで、だからこそ泉は葉山先生を抱き締めることができたのではないのか。…うるさく書いてしまったが、私にはこの一連の柚子ちゃんエピソードがあまりにも薄かったように思えます。主軸のひとつになってもいい話だよ。柚子ちゃんのお母さん役が西牟田恵さんだったことも、もっと大事に描いてほしかった…と思う要因です。あんなに素敵な女優さんを使っておいてこれか。

葉山先生も泉も、信頼できる家族や友達がいないことが非常につらい点だったと思います。ふたりには、ふたりしかいなかったんだね。きっとふたりとも気付いていたと思いますが、葉山先生が泉に求めたのは自分が庇護すべき弱さと自分の何もかもを許してくれる母のような抱擁だったのだろうなぁ。まぁ私には恋愛感情はよくわからないのだけど。世の男女間の愛が親子愛とどう違うのかと言われたら説明できないのだけど。
あと、きっと泉はこのあと、時間を動かしてくれた瀬戸くんと安易に恋愛をするのだろうなぁと思ってしまい、ますます俯いてしまうのでした。

感情移入はできないけれど、なんとなくわかってしまうなぁと思ったのが小野くん。葉山先生を好きな泉をまるごと好きだと思っていたし、きっとまるごと愛せるはずだったのに、そうできない自分に気付いてしまった小野くん。もうけっこう前から気持ち悪かったんじゃないかなぁ。見返りを求めないことはひどく難しい。泉はああ言ったけれども、小野くんが泉に言ったことと泉が葉山先生に対して思っていたことには微妙にズレがあると思う。ある意味、泉はただただ葉山先生を好きだったんだろうな。自分を守りたかった小野くんのほうがなんとなく私は理解できてしまうよ。それもどうなんだ。

観ながらずっと考えていたのは、私はやはりあまり映画が得意ではないなということでした。舞台を観るようになってから特にそうなのですが、観劇で使う想像力をあまり使わずに観てしまうので、どう観たらいいのか実はよくわからない。映画には空白がたくさんあって、想像しなきゃいけないのだろうに上手にできずに消化不良!とキリキリするんですよ。しかし作中で、葉山先生はこの映画の静けさが好きだと言っていた、という泉の台詞がありまして。私はそれ聞いて非常に驚きました。映画の空白って静けさを楽しむものだったのか! その間考えなくていいの? えー! 目から鱗。うまく想像力を使えないなら使わなくていいのか。だが、使わずにいるのもできないのだった。あら…。まだまだ映画を観るには修行が足りません。

全体に、有村架純ちゃんのファンにはたまらん作品じゃろうなぁと思います。アイドル松本潤に憧れてやまない者から見ると、もう少し可愛い格好をさせてくれ!もう少し綺麗な顔を見せてくれ!と思ってしまう映像でした(笑) だから潤くんの葉山先生は成功しているし、目での芝居が本当に多かったけれど、しっかり表現されていたと思う。だが、私はもっとキラキラした潤くんを観たい。もっとこう…潤くんにこんな作品をありがとう!!と涙したくなるようなものに出会いたいものだ。偉そうにすみません。

と、いうわけで、なんだかんだしっかり観賞したのでした。これで心置きなく感想を漁れるな。ファンのみなさんがどう思ったか楽しみです。
スポンサーサイト



『忍びの国』観てきました。

今日はSixTONESの慎太郎のお誕生日ですー。おめでとう♥ SixTONESの末っ子で、ちびっこスーパーJr.だった慎太郎も二十歳になりました。大きくなったね。大型犬にみたいに嬉しそうにステージ上を跳ね回っている姿を来月EXで拝見するのを楽しみにしています。
それから、今月はまっすーとシゲの誕生日もありまして。常日頃からNEWSをNEWSたらしめてくれるNEWSの良識まっすーに感謝と、シゲには今度の舞台の成功祈願とチケット当選祈願をこめて心のなかでお祝いしました。シゲの舞台はなんと、ミナモザの瀬戸山美咲さんの作・演出なのです。楽しみすぎていまから浮足立っています。稽古の様子を教えてほしいし、ミナモザのひとは出るのかな?と気になるし、コヤシゲを小劇場に推す身としてはたまらない事態です。ありがとうジャニーズ事務所。

さて、話題の『忍びの国』を観てきました。テレビでいいかなと思っていたのですが(ダメファン)、けっこう高評価なようなので映画館に行くことにしました。ラストレシピとナラタージュの予告が流れました。見れば見るほどナラタージュに自分が耐えられるか心配です(笑) すごくダメな男っぽいんだが葉山先生…つらいぜ。

『忍びの国』は原作に非常に忠実でした。原作を読んでいるときからけっこう疑問に思っていたのですが、平兵衛は忍びの心の持ちようを人間ではないと言って壊滅をもくろむくらいに怒っていますけれど、人間ではないから全滅させてしまおうと仮にも同胞だった者たちを殺してしまうというのは人間ではないのと同義なのではないかなぁ。時代設定が戦国時代なので血を多く流したほうが負けというのが当然の状態ではありますが、その点はだれも諌めないし不思議に思わないようで、結局きみも人間ではないのだよと悲しくなりました。無門が平兵衛に言った「かわいそう」とお国が無門に言った「かわいそう」は意味合いが異なるけれど、総じて忍びという生き物がかわいそうであるような気がして、ちょっと辛かったです。
全然関係ないが勝手に鈴木亮平が大膳をやるのだと思っていたから初っ端から驚きました。えーっ。大膳は伊勢谷なの。全体にキャストの年齢が高めですね、まぁ無門も智くんだしね。智くんが35歳というのは信じられませんけれどね。相変わらずめちゃ動けるんだね…。
個人的には知念くんが思いのほかはまっていて良かったと思います。いい役どころだった。見た目も想像以上に信雄にぴったり。幼く葛藤をかかえた姿が印象的だったので、知念くんは爽やか~なひとよりも闇のある役をやるといいのかもしれないですね。あと、体つきがけっこう武将向きだった。岡田くんの作品あたりに抜擢される日も近そう。
それから、私にはちょっと戦闘シーンが苦しかったです。舞台で観る殺陣は大好きなんだけどな…。骨が砕ける音や肉が割ける音、ごぽごぽと血を吹いて死ぬ様子などは、ねぇ…。川だ、川だ、とぎらぎら嬉しそうに群がる様子などは狂喜で(これには銭出ないしな)、とりあえず合わせて気持ち悪かったので、智くんのアクションがカッコイイ!と楽しみ余裕がまったくありませんでした。だいたい目を覆うか耳をふさぐか考えながらみてたよ…はぁ。
ベストアクト賞は小松さんに差し上げたいです。とんと忍びらしくない普段のお姿からは想像もつかないのに、なんだか妙にしっかり忍びでしたし、しれっと目立つし。面白かった。
智くんは出番が非常に多くてアクションもりだくさんでたいへんそうな役どころでしたね。ラスト悲しかったな。案外、いちばん智くんらしくてよかったのが、腹が立つと言って乗り込むところでした。智くんが怒らないことはわかっているのだけど。あの顔がいちばん好きだったな。それにしても恐るべき体力の忍びたち。逃げようと歩いていたところから国横切って合戦場に出て、そのまま伊勢のお城まで乗り込んで、川までやって、戻ってきてもうひと騒ぎでしょ…。
それにしてもさ、よそから子供を買ってきてまで忍びを作り上げようとするのにその死にはほとほと無関心で、誰の大切なひとであっても銭のためならひょいっと殺せてしまうひとたちなのよね。自らの種についてどのように考えているのかちょっと興味があるわ。あと、歴史上の伝説のように登場する忍びはみんな忠義に厚いイメージがあるのでそれは伊賀か否かで決まるものなのか?が疑問点です。

とりとめなくいろいろと書きましたが、たくさんのひとが見ているようでなによりです。一週間の仕事終わりにはちょっと重かったけど(笑) 智くんの主演映画だから長く公開されるといいなと思います。知念くんファンには非常にお勧めですよ。智くんとのやりとりもけっこうあるし。

『世界一難しい恋』第7~10話

いまさらですが、最終回を迎えましたので書いておこうかなぁと思います。今日は99.9が最終回ですからねぇ。時が過ぎるのは早いですねぇ。
あっ、にのちゃんのお誕生日すぎちゃった。おめでとうございます。一緒くたに書いてすみません。にのちゃんも33歳とのことで、もう驚きしかありません。ずっと可愛いですねぇ…ふふ。今年もよい一年でありますように。ワクワクでお祝いはあったのかしら?

さて、セカムズ。前に感想を書いていたのは確か第6話まででしたので、あれっそれってどこまでの話だったか。いさなみすやお? その後のお話もリアルタイムでないにしても順調に鑑賞しておりました。あぁそうだ、第七話はチューしたいけどできないって話でしたね。そうだそうだ、石神さんとベッドに細工するのもこの回でしたかね。社内恋愛禁止令の件がいまいちよくわかっていないのですが、社長に興味津々すぎる社員たちに笑ってしまいました。すごいね、社長。これは好かれていると思いますよ。
社長の言動がいちいち不思議でよく首をひねっていました。そしてノンコくんのぐいぐいいく感じが、方向は違えど深山と似ていなくもない…。ノンコくん、智くんにご飯くらい連れていってもらえたかな? それにしても社長、泊まっていけと発言するほうがチューするより難しいと思うんだ。
第8話、まさかの神奈川県から出ていけ発言に度肝を抜かれました。その発想はなんつーか、小学生みたいだね社長…。この回はお父上の登場でなかなか癒されました。さりげなく似ているこのふたり…。舞子さんにぐっさりやられ、みささんに会いに行く社長。部屋番号もみささん。みささんお疲れさまです…わたしだったら走って逃げていたかもしれない、あの言葉の数々には。もうだいぶ観る元気が失われてきた第8話でした。(ファンのみなさんすみません。)
第9話、そうか、わたしはメールの返事がぜんぜんできないタイプだ、こういうタイプはだめなんだなきっとひととして…と落ち込むワンシーンからスタート。だめなんですよね…メール返すの…。でもこの話は少しよかった。ストーカー紛いの行動と仕事しない姿勢はどうかと思ったけれども、社長の美咲の夢に対する後押しの仕方はとても好みでした。あぁうん、これなら美咲さんが戻ってくるのもよくわかる。これはぐっとくるよ、夢がある女ならば。男にかなえてもらいたい夢とは種類が違いますからね。その違いがまだわからなかったまひろちゃんはとても素直で可愛いけれどもう少し本を読んだりしたほうがいいですね、喜ぶポイントだと思うよそこは。というわけで、社長を見直した第9話でした。
そして最終回。これはちゃんとリアルタイムで拝見しました。連ドラってほんとうに撮影ギリギリまでやりますよね。お疲れさまです。波瑠ちゃんは次クールの撮影もきっと始まっているだろうに、たいへんですね…。
ホテル予定地デートの服装が気に食わないわたしですが、まぁ、くちづけ→警戒態勢のやりとりが面白かったので良しとします。あれだけ悩んだチューができてよかったですね。薔薇の花束も渡せたしね。はは。そういえば前話で唐突に悟りを開いた和田社長の結婚話はわたしも驚きました。えー? ハニーちゃんはいつも連れてるひとと同じ方? 丸山さんの失恋かわいそうでした。
それにしても同棲! すごいなー社長、やり手だなぁ。わたし親だったらけっこう嫌だけど、同棲って普通なのでしょうかね。そして案の定いろいろ我慢する社長。うふふふ、面白いわ。靴下の畳み方ね~。経験がないのでわからないけれど、私も誰かと暮らしたら苛々するのかしら。させる自信は十分にある。料理上手なのはとてもうらやましいですねぇ。お米の水加減の件には激しく同意しました。難しいよね、お米変わるだけでもおかしくなるし、もうお米がなくなりそうなときにおかゆになるとどうしたものかと思います。社長あんなだけど、ありがとうはきちんと言えるんだなぁ。
そして今回ずっと通して謎だったのは、なぜ社長はみささんに「うちへ戻ってこい」と言わなかったのか、です。言いましたっけ? 聞いてなかったのかしらわたし…。
けっこう簡単に一年後にとんで面白かったです。きっとこの間にも盛大に周りを巻き込んだんでしょうねぇ、もう結婚しよ、そうしよ。

というわけで、智くんお疲れさまでした。あ、翔くんの出演嬉しかったですね。舞子さんが喜んでいるところがよかったです。
次は忍者ですね! 原作読んだほうが良いでしょうか? 撮影はいつからなのかしら。楽しみです。動き回る智くんを大画面で。うん、いいね、観に行こう。

『世界一難しい恋』第5・6話

爆笑している私はファン失格でしょうか。ほっこりした感想をネット上の記事等で見つける度に、自分もしかしてダメな人間なんじゃないかとまた笑ってしまいます。だめだー、おかしいー、涙出そう。水曜日は個人的に激務の日なのでへろへろになって帰り息も絶え絶えに家のことをしてから、鮫島社長に会っております。はー、ありがたい。

第5話、社長が待ち続ける一時間。いちばん面白かったセリフは、「恋愛のことを真剣に考えているヤツが、あんなに仕事に身が入るものか?!」でした。……爆笑! そりゃないよ、社長! 仮にも社長だよ! 社長いま仕事に身が入ってないんだね。こまったよこのひとは。代わりに行ってもらったのに美咲のことを待たずに帰っちゃう三宅さんも三宅さんだし、あんなにわかりやすくアピールしてるのに気づいてなさそうにざっくりまひろちゃんを斬った丸山さんも丸山さんだし、のんこくん(ノンコタニシの区切りを間違っている気がしないでもない)は相変わらずセリフ多いし、随所で笑かしてもらってます。波瑠ちゃんはどうも痩せちゃったような気がしてならぬのですが、気のせいでしょうか。智くんがあんまりだから気づかれですか? ごめんね(笑) 小池姐さんに任せていいからね。この話のいちばん良かったのは、社長が「ついさっき来たところだ」とうそをつけたときの栄子さんの表情ですね。姐さん…好きだわ。

第6話、我ながら引くくらい笑いました。これほどまでに恋人たちの阿呆な会話を忠実に再現した30代の大人が主演の連続ドラマがあっただろうか、いや、ない(反語)。わかっています、恋人同士の会話というのははたからみればあれくらい意味不明で冷静になって振り返れば消し去ってしまいたいような言葉のオンパレードであること。だがしかし、あんなに忠実にやられると…。観てるこっちも恥ずかしいわ! わはは。いさなみすやお…(笑)
社長との水族館デートは楽しそうだ。しかしいまの私のなかでは水族館といえば逆鱗だ。鰯がふたりの後ろで美しく散ったとき、野田秀樹はこれを舞台上でやってのけたと思い出して再度感動しました。あ、落語デートも楽しそうだ。落語行ってみたいんだよな…。あれこれいいなと思うのは、もしかしてわたしもああいう変人が好みなのだろうか…と笑ったり気落ちしたり忙しいのでした。順調に社長にほだされております。この楽しみ方で良いのか自信がないが、まぁ楽しいからいいか。

新曲PVはまだ観ておりません。いつ観ようかしら?

『99.9 -刑事専門弁護士-』第1~4話

永遠の憧れ・潤くんの主演ドラマなのできちんと一話ずつ感想を書きたいと思っていたのですが、時の流れが速すぎて対応できずこのような有り様です。まぁでもリアルタイムで観てそのあと録画したものを観直していて、番宣のダイジェストまで観ているから書く時間がないというのはおかしな話ですね。
それにしても恋愛ドラマではない潤くんが久しぶりで嬉しくてたまりません。機会があれば舞台に立ってほしい。そのときはお願いだからチケ取りに参加させてほしい。

●第1話
深山潤くんとラーメンズ明石さんの掛け合いが楽しかったです。片桐仁さんは昨年風間くんの舞台とルイス吾朗ちゃんの舞台で拝見しました。テレビでも舞台でも大きさの変わらない素敵な俳優さんだな。ちょっと大泉洋と似ているな。
そして榮倉がかわいくて満足。ごめんね、深山ったらゴーイングマイウェイだから、腹が立ったら怒っていいからね、と画面に話しかける私。それから映見くららさんがいい存在感で好きになりました。
法廷シーンは傍聴席と一緒になってドキドキしながら見守り、検証シーンの数々はドラマらしい自由なキャラクターに感心しながら観ておりました。現実にいたらめんどくさいな、あいつ(笑) そして耳痛くないか?そんなに触って。
ひっかかったのは喜ぶ依頼人一家に背を向ける深山の姿。何かあるんですね。
途中いくつか残念だったのは、わたしはこの演出家さんとちょっと年代が違うかもと思ったことでした。わからない小ネタがある気がしたんだよなぁ。
それにしても、いつもこうして0.1%が真実だとしたら冤罪がどんどん生まれていることになってしまう。この先すべての話がこの展開ではないといいなぁ…と楽しみながらも楽観視だけでは終われなかった第1話でした。

●第2話
風間くんがゲストだと聞いて楽しみでならなかった第2話。このときはリアタイではラストシーンで風間くんが真実を語るところだけ観たのですが、それだけなのに風間くんのうなだれようと全体的な薄さにぼろぼろ泣いてしまいました。全然話わかってなかったのに。
この話は深山の細かくてしつこい調査が実を結んでよかったです。なにがいいって、仕事ばかりじゃなくて鰻を食べる休憩を挟むところがよかったです。それにしても榮倉お金持ちだなぁ。
だいぶ深山に慣れて寄ってきている佐田先生に笑いました。なるほど、対立は描かれないわけね。路線はHEROなのね。
風間くんと潤くんの共演はとても嬉しかった。今度は冤罪ではなかったことに安心しました。頭を下げる風間くんに背を向ける深山が哀しかったですけれどね…。

●第3話
不思議ですねぇ、ひとって。あの会社は兼業禁止だったのでしょうか。はじめから素直に話してりゃ長引かなかったし(隠すようなことかなぁ、窃盗の容疑をかけられることに比べれば…)、お母さんのこともどうも喜怒哀楽が激しくて心配になりました。
謎解きもね、深山なのに暗証番号を最初の接見で聞いていなかったのかと思ってしまったことは秘密です。だって大事なところじゃない? あけられるひとは限られていたのだから。まぁ無事解決したし榮倉は可愛かったから良いことにしましょう。

●第4話
む、この人か…苦手、とのっけから警戒心を強めた第4話(笑) しかも示談に応じてしまうなんて!!ばかもの!と呆れ果てました。升さんのいやな大人っぷりはとても良かったですね。
今回はチームプレーでしたね。もはや息ぴったりなみなさん。所長どころか他科のひとまで使います。ところでこういうものなのかしら? ひとつの事件にこんなに何人も弁護士さんがついてくれるものなの?
まぁなにはともあれ偉そうに明石さんにお酒を飲ませ榮倉の神経を逆撫でする深山が通常営業で楽しかったです。
何だかんだ言って力を合わせる面々に感謝しつつ鑑賞しました。こういうパターンもあるわけね~、と少し感心。

と、ざっとではありますが感想でした。今日は第5話ですね。ブランチのコーナーで前後編になると言っていたので重厚なお話になることを期待して9時にはテレビの前にいる予定です。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09 11
プロフィール

来海(くるみ)

Author:来海(くるみ)
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
09  04  11  09  08  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる