『JAPONICA STYLE』が凄い。

先日少年倶楽部でようやく放送されスト担がこぞって歓喜しております新曲『JAPONICA STYLE』。日生劇場で観せていただいたときもこりゃすげーのきたぞと思いましたが、映像で検証できるって素晴らしいなと思わざるを得ないパフォーマンスで、もはや頭から離れません。嵐さんの新曲をまさかのそっちのけにして(まぁコンサート外れてるっていうのも大きな要因ですが)ひたすら『JAPONICA STYLE』のリピートをしております。すごいなー。なんだろうこの完成度。どうしてまだジャニーズJr.なのかしら。全然負けてないのにね! もうひとつの『Beautiful Life』の行方も気になるところですが、まずは『JAPONICA STYLE』について語りたい。

まずはお衣装。タイトルと扇子という情報から想像していた衣装とは傾向が違っていて初見はけっこう驚いたのを覚えています。こういう「×和」もあったか…と。映像で観てみたら、なんと凝ったお衣装か…!と更に驚くと同時に、こんなに手をかけてもらえているんだと嬉しく思いました。雑誌を読んでいると色々オーダーを出しているようなことが書いてあるので、それぞれが考えて形にしてもらっているんだなぁと感慨深い。ジャニーズのお下がり文化も大好きだし、いかにもJr.な衣装も、おいおいマジかよ?と目を疑う衣装にもいつも楽しませてもらいますが、こうやって自分のものを作ってもらうのって嬉しいだろうなぁとデビュー組のお衣装を見るのとはまた違った楽しみを味わっています。たくさん柄があって、全体にひらひらしていて素敵。私は慎太郎の羽織を特に気に入っています。裏地がすごく綺麗でしょ。慎太郎が舞う度に翻って青が見えるのが素敵よ。そういえば各グループに必ず長い丈担当者がいるように思いますが、SixTONESはみんな背が高いから全員で長い丈衣装の翻し振り付けも可能だし画になるでしょうね…!

そして、歌詞。たまらん。「綺麗に」と「空に誓い」が特に好き。綺麗という言葉はとても綺麗。綺麗であることは描写の仕方が幾通りもあるので意外に直接歌詞に綺麗と入れることは少ないのかも?と考えながら聴いています。綺麗。移り変わるよ綺麗に。うん、いい。好きだ。「空に誓い」は音の並びか「空に近い」と聞こえるところが好き。近いでも素敵だと思うところがまたいい。華麗に燃えてみせるんだものね。どんどん昇ろう。冬の晴れた日みたいな透き通った遠い青空を想いながら聴いてます。
ほかにも心惹かれるワードがいくつもあります。可憐に、とかも再発見ワードでした。ありがとうSixTONES…。実はジェシーの「愛が足りないのにそっと微笑んで」もすごく好きです、はい。
深読みすればするほどSixTONESの来し方と今抱く覚悟を示しているように思えて、大事に聴こう、とリピートボタンを押す度に思っています。感情移入半端ない。ここ一年のことしか知らないけどさ。それでも応援しているもの。

更に、声。いいところ出まくりですよね! 前々から京ジェは声が高いと思っていたのですが(だから是非NEWSの曲をすすめたい)、その高いキーを存分に生かした音の並び。「I never ever~」のところ、ふたりとも可愛いよ…。それと大我さんの「GO…」が好きすぎる。
北斗のパートのあとの「夢恋桜~」の声が好きだ!誰だ!と思っていたら高地くんで、やはりな…舞台向きの声だもんな…と自分の好みの一貫性に頷いたりしました。次の少クラではここアップにしてください! 慎太郎のパートもすごく好きです。あなたも舞台向きのいい声なのだよなぁ。遺憾なく発揮されている。すばらしい。

それからもちろん、パフォーマンス。毎回新曲の度に塗り替えてくる。胡座で歌い始めるのも君らくらいだけど、紙吹雪をセルフであんなにたくさん舞い上がらせるのも君らくらいだよ。舞台でも綺麗で目を奪われました。北斗がとっても上手に綺麗に上にあげるのよね。けっこう長いことひらひらするなかで歌えているので、なかなかに高さが出るのだろうなぁ。スタッフさん、ご協力ありがとうございます、本当に。Woh~で扇子をくるくるするのが好きなので、コンサートで観られるときがきたらペンラを回したいと思っています。
あと今回映像で見て、おおーと思ったのが樹の首筋。あの首筋に堕とされたひとが少なからずいるのではないかと思う。ジャポの樹の首筋出の新規です、的な。年齢のせいかSixTONESに対して、キャー!かっこいい!エロい!と感じることはあまりなくて可愛いなぁが先にたつのですが、あの首筋は非常に良かったなぁ。
セクシーといえばな北斗は、扇子を落として拾い際に口角を上げたり最後は肩出ししたり、もう最初から最後まで狩りにかかっていてさすが!です。
扇子の受け渡しも鮮やかにきまっていましたね。各扇子の行方をじっくり検証しましたが、難易度高そうなのが高地くんと慎太郎のやり取り。距離が長いし戻りを早くしないといけない。うーん、面白いなぁ。
「太陽に身を焦がし~」のところを次は引きで観たいです。ラストの大サビは舞台ではどーん!と布が降りてきて各人が布と戯れるという新パフォーマンスを見せてくれたわけですが、いつか布ありver.も映像になりますように。立ち位置が曲頭とだいたい逆になるのは舞台的な見えかたを考えてなのかな~とか、『グリーンマイル』を観たおかげでそんなことを考えます。
それといつも思うけれど、SixTONESはシメのポーズがうまい。シルエット得意ですね。今回も扇形が印象的で美しいと思います。

そんなこんなで、歌がうまく、自信満々な個人技にしっかりチームプレーも取り入れたパフォーマンスと、新しい隙間を突いたジャニーズ×和で、好きにならないわけがない『JAPONICA STYLE』。こういう曲をもらえたこと、強みを生かしたパフォーマンスができていること、照明さんや衣装さんなどたくさんのスタッフさんに力を貸してもらえていること、多方面に感謝しきりです。ありがとうございます。これからもSixTONESをよろしくお願いします。

さ、またリピートしよう。スト担楽しいです。デビューしようね。
スポンサーサイト

最近はもっぱらJUMPくんのベスト。

通勤時間に聴いております。いやー、面白いですね。さすがベストアルバムなだけあって聴き覚えのある曲が多いです。そもそもJUMPくんはけっこう好きだしスクール革命はずいぶん前から見ているもんな…。それでもしっかり聴くのはこれが初めてなので、へえぇと唸りながら日々聴いているところです。コンサートはどんな模様なのかしら。みなさん楽しんでおられるかしら。

まず初聴きの印象は、若い!!でした。声が若い! 嵐さんもNEWSさんも10周年前後あたりでハマっているわたしですが、JUMPくんは一段と若い。デビューした年齢が若いのでそりゃそうなのですけれども。曲も若いです。同じジャニーズで、それぞれみんなジャニーズらしいのに、嵐さんともNEWSさんとも全然曲の持つ雰囲気が違っていてすごく面白かった。
それから、スパデリの次がカモナだったことに大いに驚きました。けっこう間が空いているように思います。ここ最近はリリース数も多くて、あぁJUMPくんもがんばったんだなぁとしみじみしてしまいました。何も知らないけれど。何も知らないだけあって全然声の区別がつきません。たまに大ちゃんといのちゃんがわかるくらいっす。まぁわたし初めはテゴマスけいちゃんの区別もつかなかったくらいだから(笑) 喋っている声はけっこう覚えられるのですけれどね…舞台で、このひと前にも観たことあるな、と声で判別していたりします。

ちなみに好きな曲ベスト3はたぶん超ド定番だと思うのですが、『AinoArika』『ウィークエンダー』『明日へのYELL』です。
『AinoArika』はにのちゃんがラジオで歌ったと嵐ファンの間でも話題の曲ですし、サビは知っていましたが初めてきちんと聴いてイントロの壮大さに度肝を抜かれました。すげぇ。なにかが始まりそうな曲だ。この曲でコンサートが始まったら嬉しいな。真ん中のステージで、下からせりあがってきてほしい。赤い衣装で! 愛の在処を知っているから僕ら無敵なんですよ。たまらんね。
『ウィークエンダー』は言わずもがな金田一少年です。わたし山田くん好きなので。探偵学園Qで初めて認識したときからずっと綺麗なお顔だ。全部ではないけれどそこそこ作品を拝見していると思います。俳優山田をけっこう買っています。もっともっとうまくなると思う。最近よく雑誌でエド山田を見かけるのだけれど、あまりにも綺麗なので映画館に行くべきか悩んでいます。んでこの曲はダンスが好きなのです。JUMPくんの団体芸がスゴイということを認識した曲。この曲のパフォーマンスを見てからというもの、ちょっとコンサートに行きたい。歌詞もいいよね…好き。恋はキラリ ミステリー。天才。
『明日へのYELL』はドラマも好きだったがこの主題歌がたまらなく好きで。ぴったりでしたでしょ。眩しくてまぶしくて。この眩しい歌をJUMPくんみたいな子たちが歌うのがまたいいのだ。JUMPくんだから歌えるんだと思う曲。音階も好きで泣きそうになるけれど、歌詞も好き。たいへんに素直でまっすぐで。今回初めてフルで聴いて、青い春のなかまっすぐ駆け抜けた、というフレーズに大きく頷いてしまったわ。いい。すごく元気が出る。

そして今回、うわっこの曲すごいと再度見直しているのが『真夜中のシャドーボーイ』です。当時から、あやしい曲を若い子たちが歌っておるなと思っていましたが、これなんだかすごくないか。改めて聴き、どう聴いても複雑な肉体関係のある男性同士の愛のうたに聴こえる。うわぁぁと思って(主に年齢的な意味において)、歌詞を見てみたら違和感ある表記があり、調べてみたらどうやら映画からとっているようですね。その映画のことは知らないのですが、淫靡なにおいがするのはこのせいだったか…と納得のあらすじでした。ジャニーズってすごくないか。あのキラキラつるつるした若い男の子たちにこういう曲を与えるのだものな。しかもシングルカットで。ファンの子たちもきっと同様にお若いのだろうに。ジャニーズファン的にきっとこの「シャドー…」っていうウィスパーできゃーっと叫ぶのだろうな。…すごいな。なんだろう、なんだか背徳感がある。なんて面白いんだろう。きっといまのJUMPくんにシングルとして出される曲ではないのだろうと思う。あのときの年齢だったからこそのこの曲。これはちょっとパフォーマンスの見比べをしてみたい曲だが、演出上はどんな雰囲気に仕上げているのだろうな。どんな意識かわからないが、「シャドー…」は言い方を変えているのだな…、深読みが止まらない。しかも〆は、傷つけずに愛したい、だ。すごい。おそるべしJUMPくん。

こんな感じで大いに楽しんでいます。どこのグループにもメンバー紹介曲があるのだなぁと思ったり、龍太郎くんの名前が入っている曲があったり。ちょっと切ないね。でもそれも彼らの10年ですからね。
いずれコンサート映像に手を出すだろうと思いますが、しばらくはこれで楽しめそうです。本格的に堕ちないように気を付けねば…。嵐さん、NEWSさんはがっつり応援していて、まさかのSixTONESに手を出していて、相変わらず演劇も大好きで、これ以上増やしたらお金がもたなくなってしまう(笑) でもやはり、もっともっと大きくなってほしいと思っているし、土曜昼に引っ越しが決まったいたジャンはこれからも視聴する予定です。好きなんだよな、がんばれJUMPくん!

SixTONESロス真っ只中ちゅう。

今日はちとお休みだったのですが、PON!のおとなりJr.が北斗くんでねぇ。ゼロスタに行く元気はなかったのでおうちで観ていましたが、アイドルってほんとうにすごいですね。連日休みなく公演があるのにあの笑顔。はぁ…羨ましい…。最近北斗くんを知った私としては、セクシーよりもカワイイが先に立っちゃうのでそっかぁセクシーなのかぁと新たな知識を吸収した気分です。色っぽいなと思うことはあるな、たしかに。
青木アナがSixTONESのことをセクシーだと言ってくれたようで、それも、へぇぇと新鮮です。カワイイけどなSixTONES…MCの印象が強すぎるのか。私にはキラキラキラキラして見えるし。

それにしてもこんなにSixTONESロスに陥るとは思わなかった。この間ステージスクエア買ったのにステージナビまで買いそうになるくらい。わりと雑誌は我慢できるのに。映像作品等手元になにも持っていないので心の落ち着け方に困り、録画してあったドラマやワカドクロのDVD(もうすぐ鳥髑髏を観に行く)、しやがれとVSの見直しを数本ずつ、とか色々目に栄養を与えているところです。まだ寂しいけど(笑)

彼らは今日がふまパラ最終日で、金曜日からスノスト合同ですね。いいなぁ行きたかったなぁ。
Jr.担界隈では多ステがより一層当たり前のようで、みなさんたくさん入っていて羨ましいようなそこまでする能力が自分にはないような、複雑な気持ちです。色んなグループのに行くみたいですしね。お友達もたくさんいらっしゃるんだろうなぁ。すごいなぁ。あとでスノ単独のレポ探そうっと。

とりとめもなく色々考えるのですがそのひとつとして、SixTONESファンの呼称がオンナに暫定しているらしく…嫌だってわけじゃなく、尻込みしています。オンナですよ。頭に、いいとか悪いとか出来るとか、なんだかそういう鋭い形容詞がつきそうだもの。わたしには荷が重いなぁ。…とか言いつつ振り返ると、わたしこれまでアラシックもパーナも自称したことがなく、オンナはもしかして名乗るつもりなのか…と驚愕しています。あれかね、本人たち発信のファン呼称って、公式に使われるんですかね。エイターやジャスミンは普通に本人たちに呼ばれているの? ちなみにアラシックもパーナもファンの自称で、本人たちから呼ばれたことはないですよ。ファンのみなさんって言われる。たまにハニーとか子猫ちゃんって呼ばれますけど(手越)。
で、オンナはまだ暫定らしいので、なになら躊躇せず自称できそうかなぁとかなんの得にもならないことを考えています。ringとかchainとかどうかね。SixTONESが原石と6つの音色なので、輝かせるものとか繋ぐものみたいな意味があるといいなーなんて思います。それか素直に、光り。この星に溢れてる光り集めて。

あー、だめな大人感漂う文章になっちゃった。
今日はえびコン横アリですね。…らぶのみなさんも大忙しだなぁ。

参加記録【SixTONES単独公演 キントレ 8/3 第2部】③

続き、後半戦と、初めてスト公演に参加しての感想を書きます。
はー、楽しい時間だったな。たたみます。

Continue Reading

参加記録【SixTONES単独公演 キントレ 8/3 第2部】②

続き、MC。
これまたすごく長くなりました。やっぱりMC30分ぶんってこういう分量なのだな(笑) たたみます。はしごだかが上手く入力できんので高地表記ですみません。

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

来海あや

Author:来海あや
ご来訪ありがとうございます。
潤くんに偏りつつ、五人で嵐な彼らが大好き。絶賛応援中です。舞台俳優・岡田達也さんも大好き! 最近はNEWSさんも応援してます。

この場所では、嵐さん・観劇・薬学と研究などについて書き散らしています。まぁ、毎日たくさんの元気と幸せをくれ、憧れてやまない嵐さんへの想いを綴っていることが圧倒的に多いです。

いろいろな方とお話しできたらいいなと思っていますので、コメント等いただけると喜びます。鍵付き拍手コメントへのお返事は、該当記事のコメント欄にさせていただきます。

乱文ばかりですが、お付き合いくださいませ。

最新記事
参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  11  10  09  08  07  06  05 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる